excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プカプカ通信164 ・ June-10-2017

「DREAMS COME TRUE 夢は叶う~まくら玉!」
                  北海道様似町 田中マサヒト


 それは偶然の出来事だった。5月19日15:03 私と林さんのフェイスブックにある記事が添付されたのです。
 伊達市に住む加藤耕平さんからでした。もちろん加藤さんも漂着物学会の会員です。加藤さんの添付したFB「有る所には有るんだなぁ・・・ 襟裳の漂着物学会と、様似の大漂着物展でしか見た事の無い物が何気にぶら下がってる。Shigeさん、田中さん、ヨダレ、ふいてふいて!!」その文章にガラス玉のタワーが写った写真が添付されていたのです。
c0057167_23431933.jpg
 タワーの上の方には、ジャンボローラー(まくら玉)が二個、その下に尺五玉が一個、その他沢山写っていたのです。
c0057167_23451113.jpg
 するとカレー屋さんを営む徳野郁美さんがコメントで「田中さんが欲しいのはどれ!?」と~・・・私は「もちろん。長~いやつですよ~・・・!」と答えると「プレゼントします」とかえってきました。・・・でも半信半疑!もしかして、ちっちゃいシリンダーかも?・・・と思っていたら、メールが来て「間違ってたらガッカリさせるから写真送ります。」と~・・・間違いなく、ジャンボローラー(まくら玉)の写真が添付されていました。
 電話をすると「明日は、用事があるので、明後日お店に持って来るから来てください。」とのこと・・・でも、いざとなると、持ってくるときに落とさないかな~とか、このFBを見た人が先に手を付けないかな~とか心配になっていました。
 すると夕方、ピンポーンと玄関のチャイムがなり徳野ママが「庭に転がしてたら孫たちが壊す心配があるので持ってきた。」 
c0057167_23455002.jpg
     
と・・・間違いなく、まくら玉(ジャンボローラー)でした。
c0057167_23471062.jpg

DREAMS COME TRUE 信じていてよかった~・・・!!!

From Editor
 願えば、夢は叶う!のステキな例ですね。FBで浮き玉タワーの写真が公開されたときは非常に驚きました。ぶつかったら割れてしまうし、加藤さんによれば、下のほうには割れたものもあったそうですから。
 そして、夢を叶えるために田中さんはFBに、「まじ、くれ~・・・!」と素直なコメントをしました。その後は、田中さんの記事のとおりですね。あぁ、羨ましい!(笑)
 上にある田中さんのポートレート、これ浮き玉に詳しい人なら分かりますよね。浮き玉のバイブルBeachcombing for Japanese Glass Floats を著したAmos Woodさんへのオマージュですね。バイブルの4版(1985)をお持ちなら、P31をご覧ください。お持ちで無い方は、下の写真をご覧あれ。
c0057167_23475136.jpg
Amos Wood著 Beachcombing for Japanese Glass Floats 4版の31pと表紙
 欲しいものがあれば見栄など張らず、自分の気持ちに正直になって「まじ、くれ~・・・!」と言わなきゃいけませんね。
 様似の田中さん、定年後も再雇用でアポイ関連で忙しく働いてみえますが、このジャンボローラー入手で、またウキウキ熱が高まるかもしれませんね。



ブックガイド Keiko's Bubble Janet Lewis著 Kazue Mizukami挿絵 
    Doubleday Books. 1961 New York.63pp     はやししげお

 ダブルデイブックスは、若い読者向けの本を多く出していたようで、このKeiko's Bubbleは、日本の漁村風景の中で、若い娘さんの生活を描いたもので、挿絵は日本人が描いたものです。
c0057167_23550446.jpg
 
 主人公のKeikoさんは、富士山を望む静岡県の漁村(挿絵をもとに考えると駿河湾に面した富士川と御前崎との間と思われます)に暮らす小学生で、お父さんは漁師でした。
 彼女はほかの子と同じように、ひな祭りのプレゼントに人形が欲しかったのですが、お父さんが与えたのは、大きな浮き玉でした。
 
c0057167_23563670.jpg
そしてKeikoさんは浮き玉をお父さんに貸しました。すると漁の調子が良くなり、周りが不漁の時季でも好漁となりました。毎日港に父の帰りを迎えに行ったKeikoさんは自分の浮き玉を「びん玉さん」と呼び、一家に幸運を与えているのを喜んでいました。そんな「びん玉さん」は、ある嵐の日に網から外れ、流れ出してしまいました。浮き玉を失ったKeikoさんは学校の先生に行方を尋ねたところ、先生は「黒潮に乗って旅を続け、5ヶ月ほどでアメリカのカリフォルニアに着くかもしれない。カリフォルニアには、そんな浮き玉がいくつもやってくるんだよ」と話してくれました。(すごい先生がいたもんだ!)
c0057167_23572320.jpg
 そんな話に驚き、目を見張るKeikoさんでした。そして翌年のひな祭りに父から念願の人形をもらったKeikoさんは、無事カリフォルニアに着いたのかな?と「びん玉さん」の行方を気にかけている・・・そんなストーリーでした。
 興味のある方は、アマゾンなどで探してみてくださいね。







[PR]
# by uki-puka | 2017-06-10 00:49 | プカプカ通信 | Comments(0)