excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プカプカ通信149 ・ Oct-27-2015

          漂着物学会・徳島大会2015    はやししげお  

 2015年の漂着物学会は徳島の右下・海南町で開催されました。前回の石垣大会は忙しくて参加できず、涙をのみましたが、今回は参加できたので様子をお知らせします。   
 海陽町は徳島の果て・・・スグ隣は高知で、徳島駅からは2時間!かなり遠い場所でした。そんなわけで開催前日・10月16日の昼過ぎに徳島駅集合、そしてバスに乗ってゴー!! バス内では、徳島博物館の茨木さんと、観察会代表の池渕さんから、詳しい徳島に関するレクチャーを受けながら南下です。みんなが広げてるのはスポーツ新聞じゃないっす!徳島地図ですから。(笑)
c0057167_20522519.jpg

  
このレクチャー、雰囲気の違ったお二人の掛け合いが面白く、まさに徳島漫才といったところでしょうか?田舎道を揺られていたところで、途中下車して田井ノ 浜でビーチコーミング!(笑) この浜は夏場に海水浴場としても使われているためか、しっかり浜掃除がされており、この日は漂着物よりも足跡のほうが多かった!(笑) そんなわけで、根性無しのオレは堤防上で休憩していたのですが、中西会長はしっかりと高潮線を浜歩き!さすがです。
c0057167_2053016.jpg


 その後は牟岐町のモラスコ牟岐という貝の資料館を観覧しました。あんまり貝に興味の無いオレは、ハリセンボンの帽子(痛かった)を被ったりしてましたが、一番面白かったのは魚の頭骨コレクションでした。
c0057167_20532629.jpg
 中の展示に飽きたら、すぐ下の海岸へ!みんなも同様に浜に降りてきました。ちょうど時刻も日没間近!夕暮れ時の浜歩きは気持ちよかった! そして、あっという間の日没・・・秋の夕べはつるべ落としとか言いますが、あっという間に浜辺の貝殻が見分けられなくなっちゃいましたね。
c0057167_20552810.jpg

 
 皆さんの宿へバスが到着した頃にはもう外は真っ暗になっていました。徳島からの長い道のりを飽きさせないように工夫された総会の実行委員のみなさま、ありがとうございました。
 さて、漂着物学会・徳島大会当日・10月17日の朝、目を覚ましたら、同宿の女性陣は誰もいません。田中副会長に尋ねたところ・・・「きっと海さ!」 朝食時に食堂に向かったら、やはり宿の前の浜を歩いた後だったようです。そして、こんなモノがあったとか・・・(笑) 
c0057167_20561338.jpg


 朝食後に浜に出てみたら、真正面からお日様が昇っていました。ここ宍喰は東側が海に面しているのですね。これは普段南側が海に面した渥美半島表浜を歩いているオレには、ちょっと違った感覚でした。 みんなで集合しバスで向かった先は阿波海南文化村でした。
c0057167_20565443.jpg


ここが総会の会場で、同時に漂着物アート展や、「漂着物展」も開かれていました。 漂着物展は「海の観察会」のみなさんがこれまでに集められたお宝漂着物中心の展示がありました。 オレの大好きな玩具の展示もあって大喜び!こうしたジャンク!大好きなので!!(笑) その中でも写真の右上にある戦艦型をした文鎮など、陶片狂さんが大喜びしそうなモノですよね。
c0057167_20574817.jpg


やはり圧巻は濱さんの展示品の数々でした。ビーチコーミングの際にも、その裏技をご披露いただきましたが、ビーチコーミングにかける情熱には頭が下がりました。 
c0057167_20585115.jpg


それにクラフトの工夫もステキですね。ビーチグラスや貝殻を使ったランプなどに注目が集まっていましたね。
c0057167_2111898.jpg


他の方々の漂着物アートも全般的にハイレベルで、こうした作品作りへの情熱が感じられました。
c0057167_2114243.jpg


 さて、総会は、中西会長の挨拶から始まりました。一升展示、ポスターセッションはあまり活気が無かったのですが、販売コーナーは非常に多く、賑わっていました。Yuccas工房の作品にはステキなものがあり、オレもいくつか求めてきました。 
c0057167_2122418.jpg
昼過ぎには、ポスターも増えてきて、ちょこっとカッコがついてきました。それにしても販売コーナーは大人気でしたね。
 午後の基調講演は、ウエルかめ!ではありませんが、元ウミガメ協議会の亀崎さん。オレが質問した2012年にあった日本海側へのアカウミガメ幼体大量漂着事件は、南西諸島のカメがほとんどのようで、産卵数が特に多いわけでもなく、海流の影響があったのではないかとお話されました。 
c0057167_2134021.jpg


基調講演の後は、研究発表!大阪の田中さんの「微笑貝さがしサポート図鑑」についての発表で幕を開けました。 二番手は、徳島のビーチコーミング会の重鎮・池渕さんによる、徳島の浜辺の解説がありました。
c0057167_2151588.jpg

 
 三番手からは永田さん、オレ、中西会長と愛知出身の発表者が3人続きました。永田さんの発表は、愛知のビーチコーマーの生態に関したもので、「食いわけ・すみわけ・落ち穂拾い・出し抜き」のキーワードを元にして、牧野さんやオレの宣伝をしていただきました。(笑)
c0057167_214173.jpg

 
 トリの口頭発表は中西会長で、「これまでにカントンアブラギリといわれていた種子は、シナアブラギリの種子で、果実の中の種子が少ないものを指すのではないか」と言う趣旨のものでした。論文の発表が待たれますね。
c0057167_2154988.jpg

 
 研究発表の後は、場所を移してのお宝鑑定会!ここでは濱さんとトーマさんとの司会で盛り上がりました。 ここでは、お隣の高知県から来られたNickさんから、ハイブリッドなぼんてんのウキを見せてもらいました。
c0057167_21682.jpg


楽しい時間が経つのは早いもので、お宝鑑定会が終わった頃には、既にお日様は西の山に隠れておりました。
 総会や研究発表が終われば、夜の懇親会です。田中副会長らと泊まっていた民宿から懇親会場のホテル・リビエラししくいへ向かう頃には、もうあたりには夜の帳が降りていました。 そしてホテルでは懇親会が始まりました。今回は参加者も多く、テーブルもAからKまであり、なかなか会えなかった人との交流やら、新しい出会いが楽しめました。
c0057167_217118.jpg


開催地が四国と言うこともあってか、お遍路さんの衣装で登場された方も!そして料理はやっぱ伊勢海老!でした!お刺身だけじゃなく、伊勢海老の天ぷら、そして味噌汁は必須ですよね。 伊勢海老との格闘に夢中になっていて、一つ撮り損ねたものがありました・・・それは池渕さんの阿波踊り!フラつくほどの熱演だったようですが・・・(笑)
c0057167_2171761.jpg

 
 恒例のジャンケン大会、これもトーマさんが司会をされ、盛り上げてくれました。お疲れ様でした。写真の三つ巴の戦いですが、勝者は左端のお姉さん、彼女とってもジャンケン強いです。 
c0057167_2174298.jpg


最後は田中副会長の挨拶で万歳三唱!!次回は北海道の石狩で会いましょう!ということで、締めとなりました。
c0057167_2175728.jpg


 学会の最終日はみんなでビーチコーミングです。窓からは明るい光が差し込み上天気!朝食後に向かったホテル・リビエラししくいには、もうみなさんがスタンバイされていました。濱さんの説明を受け、これから出発です。 
c0057167_2182559.jpg


何と目的地はホテル前の長浜海岸!初日に歩いた浜に比べ、ここは漂着物のにおいがします。それもそのはず、堤防の脇にはウミガメの死体があったそうです。みんなが散らばって、礫浜と砂浜が混じった長浜海岸歩き出しました。 
c0057167_2185063.jpg
  

そしてやはり暖かい海なのでしょうね。こんなサンゴの骨が礫に混じり転がっていました。 愛知や福井では見ることの無いタガヤサンミナシなど南方のモノが転がっていました。 ただこの海岸が礫浜ということもあり、こうした貝類のほとんどは割れていたり、磨耗で劣化していました。 
c0057167_219216.jpg


 ビーチコーミングの最中、この日は暑く、体感では30度オーバーでした。そんなわけで日陰を見つけて涼んでいると、みなさん前を一生懸命ビーチコーミングされています。木陰で休んでいたら、品評会が始まるとの召集を受け、暑い砂浜に戻ってきました。フ~フ~!ここでも濱さんが司会を務められ大活躍です。
c0057167_2194767.jpg


 品評会も終わり、記念写真を渡邊さんに撮ってもらい、ビーチコーミング終了です。
c0057167_21101874.jpg


 徳島大会、地元のみなさまや事務局のご尽力で、とても楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。 来年は北海道の石狩大会となりそうです。来年はまた北海道でお会いしたいですね。参加されたみなさま、ありがとうございました。
[PR]
by uki-puka | 2015-10-27 01:49 | プカプカ通信 | Comments(0)

プカプカ通信148・Oct-5-2015

            せたなの海岸を歩く 鈴木明彦

学生の皆さんと夏の地学巡検で、西南北海道日本海側のソーランライン(余市ー岩内ー蘭越ー寿都ーせたな)を歩いてきました。今回はせたな町の海岸で見つけた漂着物を紹介します。
せたな町は、日本海側に位置する海辺の町です(写真1)。
c0057167_23382081.jpg
初日はせたなの民宿「海の家」に泊まりました。翌日最初に行ったのは、せたなのシンボル三本杉岩が見える浜辺です。三本杉岩の向かいの瀬棚港からは、奥尻島行きの フェリ—が出ています。ここの浜辺ではいくつか赤い餌カゴが見つかりました(写真2)。
c0057167_23385196.jpg
いずれも中はからっぽでしたが。
 海岸線を南下して、鵜泊(うどまり)海岸に行きました。ここには、ホルンフェルスとよばれるマグマで焼かれた接触変成岩があります。この岩石から水晶、ガーネット(柘榴石)、トルマリン(電気石)などが産出します。海岸では、小石の多い礫浜に黄色いワラジ浮きがありました(写真3)。
c0057167_23391618.jpg
鵜泊海岸をさらに南下すると、水垂(みだれ)岬へとたどり着きます。     
 ここには、ホルンフェルスの熱源となったマグマが固結した花崗閃緑岩(みかげ石)があります。海岸では、礫浜に中国系漂着物が打ち上げられていました(写真4)。
c0057167_23395648.jpg
ここで私が注目したのは、フナクイムシが多数穿孔した流木です(写真5、写真6)。
c0057167_2340256.jpg
c0057167_23404678.jpg
現在フナクイムシの化石を調べているので、現世の比較試料として、フナクイムシの流木を集めるクセがつきました。
  最後に今回の巡検で採集した盃海岸のアメシスト(紫水晶)(写真7)
c0057167_23411652.jpg
と鵜泊海岸のガーネット(柘榴石)(写真8)
c0057167_23413313.jpg
を紹介しましょう。今度は海岸でサファイアかルビーでも拾いたいものでが、北海道では難しそうです。




              渥美でミラクル    はやししげお


 長く浜歩きを続け、自分では元気なつもりで50代後半を過ごしてきましたが、加齢のせいか、ここ1~2年で身体が思うようにならないことも多くなりました。
 夏休みの最終日・8月31日、年休をとり渥美半島表浜の堀切を歩いた際に、2羽のコアホウドリの落鳥に出会いました。コアホウドリは落鳥を回収してみえる田原市在住の漂着物学会員・W さんに渡して喜んでもらえましたが、この日は回収などで手間取り、堀切一帯5kmほどの海岸線のうち東半分ほどしか歩けてなかったのでした。
 2015年9月5日、最後の夏休みが終わり、新学期も始まって最初の土曜日でした。久しぶりに子供たちの顔を見て、うれしかったのですが、夜家に戻れば夏の疲れが出て、食後はソファーに座ると、そのまま寝てしまうことも多かったのです。けれども堀切をまだ半分歩いてないと言うことで、目覚ましをかけ何とか6時には家を出て、渥美半島に向かうことができました。

    8月31日に回収したコアホウドリ
c0057167_23444535.jpg
           
    最初のラッキーなジオクレア
c0057167_23455378.jpg

 豊橋市の伊古部に到着したのは8時過ぎ、砂浜に降り立ったところ、東からの飛砂の影響で汀線が埋もれていたのでそう歩きませんでしたが、砂丘脇にジオクレアを見つけてニッコリ!ちょっとしんどかったのですが、来た甲斐がありました。
 その後は谷ノ口も覗きましたが釣り人が列をなしていたし、漂着ラインも埋もれていたので、スルーして10時半過ぎには堀切の残り西半分を歩き出しました。西半分を歩き出す前に、100mほど逆戻りをして、5日前に歩いた自分の折り返し地点を探したら、この5日間、ほとんど誰もあるいていなかったようでスグに見つかりました。漂着ラインもほぼ同じで、大波が寄せてないのも分かったので安心しました。

 堀切の中央からやや西よりに、オレが「うんこ岩」と呼んでいるチャートの岩体があります。ここでちょっと失礼な名前をつけた理由を書かせてください。昔から恐竜が好きで、博物館に出入りしてたので多くの化石を見てきましたが、その中に恐竜の「うんこ」の化石がありました。カタカナで書けば、コプロライトで、北米では多産し、博物館の展示品にもなり、ミネラルショウでは販売もされています。恐竜の排泄物と言うことで、興味本位になりがちですが、化石なのでもう臭くはありません。あと、この化石はシリカで置換されており、カットして磨いた面などは非常にきれいです。こんな糞化石を見慣れていたオレには、その形状と、チャートで出来たこの岩体が、巨大な恐竜のうんこに見えたので「うんこ岩」と勝手に名付けたのでした。

    堀切中央やや西よりの岩体「うんこ岩」
c0057167_23481776.jpg
      
    9月5日に見つけたコアホウドリの落鳥
c0057167_23491570.jpg

 さて、この「うんこ岩」を目前にしたあたりで、やはり3羽目のコアホウドリをみつけました。やはりまだ残っていそうという予感は当たりましたね。(にんまり・笑) これでもうこの日の目的は達したようなものなので、西へ西へと進もうと思っていたら、足許にドン!と大きな骨が転がっていました。

    久々に見つけた鯨骨
c0057167_235031.jpg
       
    こっちも久々に見つけたオレンジウキ5号
c0057167_23503085.jpg

 浜辺に転がっているこのサイズの骨となれば、もう鯨しかありませんね。これだけの骨から持ち主を探すのは難しいので鯨類とだけしておきましょう。ただこの骨は神経孔の大きさなどから、胸椎であったと思われます。海中で磨かれたようですが、まだ自然状態での脱脂は不十分で臭いましたが、せっかくなのでデポして持ち帰りました。
 5日に歩いた高潮線に寄っていた漂着物は、8月29~30日に打ち上げられたと思われるもので、やや時間が経っていたために紫外線などの影響で白化しているものもあり、その代表はルリガイでした。形のきれいな大き目のものだけ拾うつもりでしたが、気が

     白化の進んだルリガイ
c0057167_23512838.jpg
          
     エボシガイの付着したガラス玉
c0057167_23515540.jpg

つけば、ガラス壜に詰めるほど拾っていました。(笑) 
 さて、しばらく歩いていたら、ガラス壜などがイッパイ打ち上げられているカスプベイがありました。その中にポツンとエボシガイの付着した水色のガラス玉!やったね。でも、それだけではありませんでした。

   渥美半島表浜で15年ぶりに出会ったシリンダー
c0057167_23524038.jpg

 それは渥美半島表浜で15年ぶりに出会ったシリンダー型のガラスウキでした。そう、15年前に見つけたシリンダーもこの堀切でみつけたものでしたから。
 シリンダーは北海道あたりでは、時折拾えるものですが、本州中部ではもうなかなか拾えないガラスウキですので、久々に心臓がバクバクする感じを味わいました。
 モダマやジオクレアと言った海豆類もうれしいのですが、やはりガラス玉に一番オレは反応するのでしょうかね?(笑)それにしても拾えないと思っていたシリンダーが拾えてミラクルと思ったのでした。
 ところがまだまだ続きが・・・(笑)それは渥美半島表浜でこれまでに出会ったことの無い陽物との出会いがありました。

    渥美半島で初めてであった陽物
c0057167_23533272.jpg
            
    コアホウドリと鯨骨
c0057167_23542815.jpg

 陽物は最初、農作業で豆などを叩いていた木槌かと思いました。ところが、取っ手を見ると「何だこりゃ?」(笑)・・・陽物でした。さて、これはどうしたものか?と一瞬悩みましたが、石井先生ならどうしたのだろうと思えば、即決!持ち帰り、オレのお守りに祀ってあります。かなり西の端まで歩き、石門が見えてきたあたりで砂浜が無くなってきました。残り100mほどなので端まで歩けば、何とまたもや鯨骨と4羽目のコアホウドリ!もはやミラクル以外の何物でもありません。この日、拾いモノが意外に多かったので、コアホウドリの回収は諦め、デポしておきWさんに回収してもらえるように地図に記しました。

    恋路ヶ浜でビーチコーミングするMさん
c0057167_2354567.jpg
         
    今季初めてのイルカンダ
c0057167_23551051.jpg

 掘切を出て、伊良湖岬に向かい、恋路ヶ浜を歩き出したら東側の浜に人影・・・目を凝らせば、豊橋の学会員Mさん。オレには気づかない様子でジグザグに歩いてビーチコーミング中でした。Mさんに声をかけ、彼が写真を取っている間に落穂拾いを試みたところイルカンダが見つかりました。ちょうど昼時だったのでMさんを誘い、数年前に総会の宿になった伊良湖ホテルの「大漁や」で昼食!コアホウドリの場所を教えたところ、Mさんが回収し、Wさんの許まで運んでもらえました。9月5日、この日は本物のミラクルデーで、この一年の運を使い果たした気分です。
[PR]
by uki-puka | 2015-10-05 07:29 | プカプカ通信 | Comments(0)