excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

    プカプカ通信131号    Apr-25-2014


              手杵祭再開  はやししげお

 福井県小浜市矢代地区で奈良時代から続けられてきた、漂着に関する悲しい祭りとして知られる手杵祭は、平成16年(2004)を最後にしばらく途絶えていました。この時の祭りは、漂着物学会総会丹後大会の下見のために福岡から来られた石井先生と、当時学会の事務局長をされていた松本さん、それに私の三人で見に行きましたので、とても印象に残っております。
 手杵祭りが途絶えていた理由は、参加する王女行列の練り子(女子児童)や笹持ち(男子児童)が集落から減少したために祭りの存続ができなくなってしまったのでした。
c0057167_11142771.jpg
  
 今年(2014)復活できた理由には、小浜市内外海小学校児童らの協力で王女行列の練り子(女﨟衆)や笹持ちが確保できたことが大きかったでしょう。
 手杵祭の概略を説明しましょう。奈良時代に漂着した唐舟には、王女ら女﨟衆が8人乗っていたが、船中の金銀財宝に目がくらんだ浦人たちは、それを襲い我が物にした。その後、この浦には良くないことが起きるようになり、そんな祟りを恐れた浦人たちは王女らの霊を慰め、自分たちの恥ずべき行為を戒める意味で、お堂を建て、祭りを続けてきたとされます。 今年は再開するという嬉しいニュースはkinさんから教えてもらい行ってきました。前日の土曜 はまだ晴れ間もあったのですが、当日は生憎の雨降り。観音堂の周囲は雨宿りの人でごったがえしていました。
c0057167_11161945.jpg
それに9年ぶりの復活と言うことで、かなりの人出!前回の平成17年と比  べれば、3倍以上の人出があったように思えます。途絶えていた最も大きな要因は、 女﨟衆役のかわいらしい娘さんがいなかったこと。前回は3人ほどでしたが今回は頑張って8人もそろっていました。ただ雨降りなのでレインコート!このあたりはしっかり現代的ですね。ただ、棒ふりや、弓矢持ちなど大役の方々は、レインコートなんてありませんでしたけれど。
 祭りは観音堂(福寿寺)で、王女らの霊を慰める儀式から始まりました。この寺は唐舟(からふね)を解体して得た木材で建立されたと伝えられています。寺の中での儀式で興味深かったのは、王女らが飢えをしのぐために食したといわれる「ヘラモ」と呼ばれる海藻を食べ、往時を偲ぶと言うものでした。居合わせた集落の老女は「ジンバモ」と呼んでおり、形状からも、石井先生が漂着物辞典に記された「ゲバサモ」と同じものと思われます。
c0057167_11171620.jpg

 観音堂での儀式が終わると、賀茂神社へ移動しました。賀茂神社ではすでに長屋の中で女﨟衆役の娘さんや大役のみなさんが準備中でした。大役をされる三人の方は、頭にうらじろをつけ、顔には墨で隈取りを描き、祭りに備えておりました。そんな準備中も長屋内では太鼓が打ち鳴らされ、雰囲気を盛り上げます。
c0057167_11184152.jpg

 準備が整い、みな12時前に行列は長屋から出て、本殿に参りました。
c0057167_11194740.jpg

 祭りの行列は棒振り、かぶら矢・さすまた、唐船丸、女﨟衆、太鼓、笹持ちと続き、賀茂神社と福寿院とで舞と行列が3回ずつ行われました。
c0057167_11203272.jpg
c0057167_1121128.jpg

 午前中は雨降りでしたが、祭りが佳境となるころからは風も強くなったのですが日も差し始めてきました。
c0057167_11222449.jpg

 今年の手杵祭、9年ぶりの開催とあって、かなり気合の入ったものでした。取り仕切られた禰宜の方々や矢代区の方々のご苦労はさぞ大変だったでしょう。ありがとうございました。ぜひ今後も続けられるよう祈っております。それから自然現象はどうにもなりませんが、急に突風が立ち、福寿院のろうそくがほとんど消え、それ以降一気に寒くなったのには参りましたが、雨が上がったのはうれしかった。きっと祭りに参加されたみなさまの心がけだったのでしょう。



        薬壜の型をリサイクルしたガラス浮き はやししげお

 青森の川崎さんが紹介してくださった薬壜の型をリサイクルしたガラス浮きが4月に青森県で見つかりました。見つけられたのは三沢にお住まいのCryztal Gonzalez さん。子供さんと一緒にビーチコーミングに出かけてコレを見つけられたそうです。
 この浮きについてはプカプカ通信28号4Pに詳細がありますが、平元 内科・小児科 医院の薬壜を作っていた小さなガラス工場が、作らなくなった壜の型を再利用して浮子綱を結ぶ溝(グルーブ)の部分を型に加え、その型を用いて延縄用のガラス浮きを作ったものでした。 この浮きを拾われた方はいずれも青森の方、そんなわけできっと青森のどこかに平元医院は無いかググってみましたが、見つかったのはデイサービスだけ・・・残念でした。!
c0057167_1126566.jpg
 この写真はハッキリしない表面を型どり、それを左右反転させた画像です。元画像はCryztal Gonzalez さんが撮影されました。
[PR]
by uki-puka | 2014-04-25 11:08 | プカプカ通信 | Comments(0)