excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プカプカ通信116 ・ Sep-17-2012

          三位一体のマイマキリ  田中正人

「マキリ」とは、アイヌ語で小刀、つまりナイフのことで、東北地方などのマタギの間でも使われている言葉らしいのです。
c0057167_21441824.jpg

 写真のマキリがなぜ三位一体かというと、鞘・柄・刃は別々な年に別々な場所で漂着したもの組み合わせ完成したものだからです。
c0057167_21444442.jpg

 鞘の表面には、すれて見づらいのですが、葉のような花のような・・・花札のような模様が彫られ、裏側はベルトが通る穴が空けられています。柄には、荒波の中を泳ぐ鮭が彫られています。刃には別の大きめの柄が付いていましたし、もちろん錆がひどかったので、友人に磨いでもらいました。この鮭図の柄はそんなに大きくはありませんが、本来大きめの柄をつけるそうです。大きめの柄だと海に落としても浮くからなのです。
 このマキリは決して古い時代のものではなく、現在も漁師の方々がマイマキリとして、それぞれが手作りで作っていると聞きました。
 私の職場の隣は、鮭の定置網の事務所と納屋で、時々合羽を着た漁師さんが腰にマイマキリをつけて通り過ぎます。9月になると慌しくなります。

鞘 長さ 約23cm 幅 約8cm 高さ 約3cm
柄 長さ 約13cm 幅 約4cm 高さ 約1.5cm
刃 長さ 約18cm 幅 約3cm 高さ 約0.3cm
         


       汗をかいた晩夏の道北紀行  はやししげお
 9月も半ばを迎え、みなさんの地域では過ごしやすくなってきたでしょうか?2012年の8月末、道北に遊んだのですが、暑かったのなんの!!!
 思いっきり冷えた北海道を楽しもうとやってきたのですが、名古屋と同じような暑さにガックリ来ました。
c0057167_21474787.jpg
札幌から、スーパーカムイにのって北を目指したのですが、はっきり言って、エアコンの効きが弱すぎ!! さすがに暑さで知られた名古屋のJRでは、普通列車でも冷凍庫?って思うほどに冷やしてありますが北海道の特急は、扉をあけた冷蔵庫並みでした~!!そして、驚くことにスーパーカムイの面は、虫がイッパイ!まさにバグス・トレインでした。(笑) 自然が残っているというか、この暑さで虫の多さも格別なのでしょうか?
c0057167_2147672.jpg

 さて、今回の道北は稚内市抜海の調査でした。抜海といえば、ユキさんが浮き玉求めて歩かれた場所ですね。実は今年になって抜海でモダマが見つかったのです。(詳しくはこの冬に発行される漂着物学会誌に発表されます)それだけではなく、モダマの話を羽幌にご実家のある中司さんにしたところ、実家に行かれた際に抜海~坂ノ下あたりを娘さんと歩かれ、何と巨大サメの化石を見つけられたのですよ。
c0057167_21535100.jpg

 見つけられたサメの歯は、カルカロドン・メガロドンのものと思われ、それを知った北海道教育大学で地学とビーチコーミングを教えてみえる鈴木先生も吃驚仰天!(この報告は近いうちにどんぶらこで発表されるでしょう)そんなわけで、モダマとカルカロドン・メガロドンの拾われた抜海をぜひ見たいと、中司さん、鈴木先生をそそのかし、鈴木先生の学生さんで、マスターコースの圓谷君も巻き込んでの、稚内市抜海調査と相成りました。
c0057167_21485248.jpg

 調査前日に稚内入りし、ロシア料理店・ペチカでミーティングの予定だったのですが、予約の時間よりも少し早かったせいか席が空いていませんでした。そんなわけで一足早くお店の外でミーティング開始!7時前のこの時間なら、涼しい風が吹くのを期待していましたが、さっぱりで暑い暑い!北海道のみなさんはしっかり着込んでみえますが、暑がりのオレは名古屋同様短パンにTシャツでした。
 ここで見せていただいたサメの歯は立派なもので、アメリカのフロリダ~カロライナの海岸で洗い出されるヤツにそっくりな、青灰色を帯びたステキなやつでした。化石も漂着物も大好きなオレや鈴木先生にはたまらない標本でした。
 それにしても、こんな立派なサメ歯化石が、道北のビーチコーミングで拾えたとはおどろきでした。そして翌日の調査への期待が高まり、眠れない夜になるのでは・・・と思っていたのですが、眠られないのは、夜の暑さでした。稚内の宿、食事はすばらしかったのですが、夏の暑さへの対応がいまいちで、正直言って寝苦しい夜だったのですよ。(笑)
c0057167_21542158.jpg

 さて、調査当日の30日は前日ほど暑くは無く、朝は風の音で目を覚ましました。鈴木先生たちと落ち合い、南稚内からオロロンライン105を坂ノ下方面に向かうと、目的地あたりの海上は白いウサギがイッパイ!!めっちゃ風も吹き白波が立っていました。このときはまだ知らなかったのですが、30日は日本海が大荒れで利尻島へのフェリーは欠航するほどだったそうです。そうとも知らないオレたちは期待に胸を膨らませ、現地調査へと向かいました。さすがにオレもこのときだけは長いジーンズと長袖シャツで出かけましたよ。
c0057167_21501934.jpg
浜へ向かう時の写真は、まだ浜の様子も分からず現地に向かったのですが、この数分後、風速10m以上の海からの風によるソルトスプレイと、飛砂の総攻撃を受け、調査はそんなに長く続けられませんでした。
c0057167_21552193.jpg
それでも、貝化石の密集してできた礫岩などを採取してきました。採集した化石類は鈴木先生に預け、今後の研究を待つことになりました。貝化石の密集した岩には、フジツボ類、ツノガイ類、タマガイ類などが入っていました。
c0057167_21522245.jpg

 その後、坂ノ下海岸にも調査に入りましたが、強風は衰えを知らず吹き続けました。涼しい北海道でのんびりとビーチコーミングが楽しめると、甘い期待を胸に抱いていたオレは、暑さと海の大荒れにノックアウトされ、グッと凹んじゃいました。まだみなさんが調査されている時でも、砂丘のブッシュで休憩しちゃいましたから。(笑)
c0057167_21563491.jpg

 それでも、午後にはちょっと気を取り直し、抜海リベンジをかけて再度浜に向かいました。夕方には少し風も収まり、浜歩きをしながら浮き玉を見つけてウキウキしていたら、北へ歩いていった中司さんから大声で呼ばれました。走り寄ったら、何と中司さんの指差す先にはリーディタイプの黒っぽいモダマが一つ!もう、びっくりしましたよ。まさか二個目のモダマがこの調査で見つかるとは思ってもいませんでしたから。
c0057167_2151113.jpg
この日の中司さんは、ツキまくっていました。このモダマだけではなく、オレがヒレガイに夢中になっている時に、コルク栓をした青い神薬壜まで拾われたのですから。このモダマや神薬壜は、きっとこの大荒れが運んできたものでしょう。そしてこれまで「モダマを拾いたい!」と願ってきた中司さんの手で北の果てにたどり着いたモダマが拾ってもらえて、何よりでした~!
         
[PR]
by uki-puka | 2012-09-17 00:40 | プカプカ通信 | Comments(0)

プカプカ通信115 ・ Sep-1-2012

 
          流れ着いたモダマの鞘    久野幸子
 台風11号の後、与那国島の南の浜に出かけました。
 ガラスの浮き玉はありませんでした。オウムガイ一つ。珍しい種子は無かったのですが一通り拾えて満足。多かったのはニッパヤシ、ココヤシ、ゴバンノアシ、ククイ。テリハボク、クロヨナなどは拾わなかったです。
c0057167_16443238.jpg

 家に持って帰って並べて見てたのですがなんか変?ん~?なんか変!どうみてもモダマケース・モダマの鞘?一部屋なんですが接面が無いんです。
c0057167_16471162.jpg

 モダマの鞘は蔓で筋がはずれてばらばらと個室になって落ちるんです。でもこれは、隣の部屋と付いていたところが平らなんです。
c0057167_16462055.jpg

   与那国では年に一つぐらいケースに入ったモダマを拾います。だいたいは四角い型をしてます。少し破けていて中が見えるのですが、今回のは丸いのです。接面がないのです。 どうみてもモダマなんですけど?自然に破けて中が見えるのを待ちたかったのですが、我慢ができなくて開けてしまいました。あけたら中にはこんなのが入っていました。 こげ茶色のふとっちょタイプでした。そして本当にまんまるでした。産毛?付き!一人っ子だったんですね。    

           渥美半島のウキ    はやししげお
 先号では、渥美半島へのトグロコウイカを中心とした漂着を紹介しましたが、その続きということで、渥美半島表浜に漂着するウキを中心とした漁具の紹介をしたいと思います。
 今期の黒潮は潮岬最接近後に、大蛇行を行わず本州に沿うような感じで房総沖まで北上していました。図は2012年7月22日の海上保安本部が発表した海況図です。その後は幾分蛇行ができつつありますが、近年目立つ大蛇行に比べて、漂着量は多くなりそうです。
c0057167_16523987.jpg

 2012年7月22日、渥美半島の田原市内にある二箇所で漂着物調査を行いました。その場所は、田原市赤羽根町のロングビーチ一帯のうち900mと田原市堀切町一帯1400mです。この二箇所はどちらも真っすぐな砂浜が3km以上続く場所で、どちらも漂着物のあまり多くない中央部を調査しました。
 調査はどちらの浜も高潮線に沿ってできた漂着物ベルトを中心に行い、ベルトの中心から1m以上離れた場所に漂着したウキは除外しました。
 赤羽根ロングビーチは900mの範囲で50個、堀切では1400mの範囲で46個のウキを中心とした漁具が見つかりました。これを100mあたりの数にすると、赤羽根ロングビーチが5.5個、堀切が3.3個という割合になりました。この漂着数の違いは、浜の傾斜度によるものと推測できます。これはロングビーチの方が斜度が緩く遠浅な海岸になっていて、斜度の強い堀切よりも漂着物を寄せ易いものだからでしょう。砂の移動などで浜の斜度は変化します。ロングビーチではあまり変化が見られませんが、堀切では2000年代後半から中央部の砂が減り、斜度がきつくなりました。
 このように場所は違いますが、どちらも同じ日の高潮線で調査を行ったので、ウキごとの出現頻度はそんなに違わないものと考えてよいでしょう。

 今回の調査で、漂着するウキの中では、オレンジウキが圧倒的に多く43%を占めており、続いてブルー豆型ウキが13.5%、バナナウキが12.5%、そしてブルー紡錘ウキと韓国球形ウキ(小)とがどちらも9.3%という漂着頻度を示していました。
c0057167_16553136.jpg

 今回の調査結果で驚いたことの一つは、そんなに見かけることが無いだろうと思われたバナナウキが思いのほか多かったことです。それもFLOATOPといった国産メーカー品が数多く、見かけることができました。
 もう一つは韓国製品の多さです。日本海を取り巻く国々の漂着物は日本海側では数多く見られますが、太平洋側でこんなに多いとは思いませんでした。もちろん日本海側から流入もあるでしょうし、韓国漁船が太平洋側や沖縄近海で漁をすれば、こちらに流れ着く可能性は低くありません。穴子漁に使われるウケのかえしも二つ漂着していましたので、全体に対する韓国製漁具の割合は11.4%にもなっていました。 太平洋側へ韓国製品の流入は、南回りの反流だけでは無いように思えます。宮崎在住のビーチコーマーの話では、韓国製品も珍しくないようです。関門海峡を抜け、素坊灘、伊予灘、日向灘と漂流し,黒潮に乗る可能性も否定できませんね。

Editors Note:今年は黒潮が強く、興味深い漂着の話が各地から聞こえてきます。ぜひ記事がありましたら、お寄せ下さい。残暑厳しい折、まだまだ昼間の浜歩きはご注意下さい。          
[PR]
by uki-puka | 2012-09-01 16:40 | プカプカ通信 | Comments(0)