excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プカプカ通信・102 Feb-27-2011

     北海道・十勝の海岸へ漂着したゴバンノアシ  藤山恵子

 今年の北海道・十勝地方は例年になく雪解けが進んでいます。いつもなら遅い春がいつもより少しだけ早く来そうです。いつもの年なら寒過ぎて行きたくない浜歩きもいつもよりやや快適です。
c0057167_21121926.jpg
                チプネオコッペの浜の様子

 2011年2月10日浜歩きに出かけました。場所は浦幌町厚内チプネオコッペと言われている当たりの浜を歩いた時です。普段でしたらここの浜は何もなくたいてい素通りします。
ただこの日は小石が多く上がったいたためちょっとだけ寄ってみる事にしました。すると道路と浜の間に入れられたテトラポットの間にゴバンノアシを発見。
c0057167_2114032.jpg
                   漂着したゴバンノアシ 

 周りにはペットボトルなどのゴミが多少あるのみ。他に南方から流れた来たものは特に見当たりませんでした。ここ最近海が特に荒れた様子も薄いので少し前に流れ着いたものかも知れません。
 十勝の浜への南方系種子の漂着例まだ少ないので嬉しい発見でした。これより以前トイトッキ浜(豊頃町)にホウガンヒルギ・ゴバンノアシが漂着しています。 しかし今回は南から見ると更に遠くの浜に流れ着いたようです。これだけ傷まずに北海道まで来た事にも驚きです。
c0057167_211541.jpg


 最大径約13cm 高さ約8cm。はっきりした稜は3本。長旅をしてきたにしては立派な姿だと思います。
 たぶん対馬海流が津軽海峡を越え運んで来てくれたんじゃないでしょうか。いつか十勝地方の海岸でもモダマを拾えるんじゃないかと期待してしまう漂着物でした。
c0057167_21544221.jpg


 From Editor: 藤山さんの報告してくれたゴバンノアシは、表皮の残った非常に良い状態での漂着です。わたしのフィールド、福井の三里浜や若狭、それに愛知県の渥美半島では、ゴバンノアシそんなに珍しくはない漂着物ですが、これだけ状態の良いものはあまり見かけません。今回ゴバンノアシが確認された浦幌町厚内は、襟裳岬と釧路とのほぼ中間点にあたります。2005年8月に台風の影響で、襟裳岬の百人浜に漂着したと考えられているミフクラギがありますが、このゴバンノアシはどのような経路で漂着したのでしょうね。
 この冬、雪が降る前の2010年11月18日、北海道南部・渡島半島(日本海側)にある江差町田沢町で縦約24mm、横約25mm、幅約10mmのジオクレアが拾われています。ウエブページ(http://tskk.exblog.jp/14476575/)この記録は、わたしが初めて知った北海道への海豆漂着です。
 浮力の強いココヤシは北海道各地で漂着記録があります。ビーチコーマーの増加は、こうした漂着記録をもっと細かなものにまで向けてくれそうです。日本海を流れた対馬暖流は、その70%が津軽海峡を通り太平洋に、残りの30%は北海道をさらに北上し一部は宗谷海峡からオホーツク海に流れ出しているそうです。こうしたことから、津軽海峡周辺のビーチコーミングは非常に興味深いものになりそうですね。                


      今シーズンの日本海側の漂着状況  林 重雄

 寒かった冬も、そんなに長続きするわけも無く、春めいてきました。ただ今季の福井は久しぶりの豪雪で、雪の少ない若狭地方でも、1mを超すような積雪となりました。そんなわけで、普段なら雪の積もらない浜でも、真っ白になっていることが少なく無かったのです。積雪による高速道路の閉鎖などもあって、この冬は福井へ行く回数が昨年に比べ、少し減りました。そんな中での浜の様子(2010年11月~2011年2月)をお知らせします。その間、日本海側の浜を歩いたのは10回、内訳は三里浜や浜地を中心として歩いたのが4日、石川県の塩屋~片野にかけてが1回、若狭の浜を歩いたのが5回でした。
c0057167_21165519.jpg

 こうした10回のビーチコーミングで感じたのは、「浮き玉が超少な~い!」ってコト。何と今季4ヶ月の中で見つけた浮き玉はたったの3個!これはビーチコーミングを始めてからのワースト記録になります。こうした浮き玉の不漁はわたしだけではなく、福井の浜を歩いてみえる方々がみな口をそろえて、「今年は浮き玉が渋い・・・!」って言われています。昨年11月には、福井市自然史博物館でビーチコーミング展をやったこともあり、にわかビーチコーマーが増え、見つけやすい浮き玉が拾われていったのかもしれませんが、どうもそれだけではないようです。
 他に少ないものといえば、昨シーズンはわんさか押し寄せたエチゼンクラゲ、ことしは破片を一つ見たきりで、それ以降は全く見ていません。昨シーズンの多い日には、三里浜砂丘の砂浜を破片が埋め尽くしたような場所もあったのですが、今季は皆無の状態です。早い時期に一つ大きめの破片を見たのが最後、その後は出会っていません。
c0057167_21173923.jpg

 さて、逆に多いものといえば、ウミガメがあげられます。数年前までウミガメ類の漂着は珍しいものでしたが、昨シーズンあたりから漂着が増加し、今季は10個体ほどのウミガメの漂着が確認されています。わたしが知りえた情報では、アカウミガメ6個体、タイマイ4個体で、そのうちアカウミガメ1個体とタイマイ1個体は生きており、越前松島水族館で飼育中です。その他は漂着死体で、福井市自然史博物館、若狭町の海浜自然センターなどに保管してあるものもあります。この中で特筆すべきは6個体の漂着したアカウミガメのサイズで、一つは75センチほども甲長がありましたが、その他の5個体は甲長が10センチ前後の若い固体で、たぶん昨年の夏に孵化したアカウミガメと推定できます。
c0057167_21194240.jpg

 漂着種子も数多く揚がりました。わたしが見つけた数だけでも、モダマ5、ワニグチモダマ2、タシロマメ3、ククイ2、シロツブ1、ハマナタマメ6と、モダマだけでもガラス玉より多かったのは漂着量が増えているのでしょう。こうした漂着種子類の増加感じているのは、わたしに限らず福井の友人も同様です。ここでは数を計上しませんでしたが、こうした海豆類に限らず、ココヤシ、ゴバンノアシ、モモタマナ、シナアブラギリの漂着数もかなりの数にのぼり、中でも一番多いのはシナアブラギリでしょう。
 そろそろ中部地方では、花粉の飛び交う季節になってきました。鼻水に悩んだり、目をしょぼしょぼさせるようになると、日本海側の漂着シーズンもそろそろおしまいですね。これからは海藻が目立ち始め、海豆などが探しにくくなりますね。(笑)
[PR]
by uki-puka | 2011-02-23 21:20 | プカプカ通信 | Comments(0)

プカプカ通信・101  Feb-4-2011

              船霊様の港風景  中司 光子

 1月11日。快晴。15分前から車を温めておいたのにまだ霜で真っ白!フロントガラスの霜を削り落として8時15分出発。この朝の最低気温は帯広で-16.2℃(芽室はもっと低いはず。翌朝は-23.4℃を記録)。帯広の積雪33センチ。
 今年初の海は広尾港へ。船霊様で漁船が祝旗を揚げているのを見に行ってきましたので、その風景を紹介します。
c0057167_179244.jpg

ふなだま〔船霊・船玉〕
 ①船の守護霊。賽ころ・髪の毛・人形・五穀・銭などを神体として船中にまつる。ふなだまさま。
 ②船中で祭る守護神。摂津の住吉の神・水天宮・金比羅権現など。船神。船霊神。広辞苑(岩波書店)より

 国道に出るまでの路面状況は良くないのですが、出てしまえばアスファルトは殆ど乾いていて、広尾方面は雪が少なかったです。
c0057167_1774274.jpg

 広尾港に着いたのが10時半頃。港に繋留してある漁船には国旗や大漁旗、吹き流しが揚がっていて、竿の先に笹の葉を取り付けている船もあります。でも陸揚げされている船が多く(旗は揚がっている)、港の中に船が少ない…。少しするとエンジンを掛ける
船があって、これはもしかしたら漁船のパレードが始まるのかもしれないと喜びまし た。船員が乗り込むと、船長らしき人が一升瓶を持ってきて舳先の右舷と左舷から海面に酒を撒き、柏手を打ちました。ところがその後になんと旗を降ろして、この船だけで出港して行きました。そしてその海面に漂う一升瓶…!何でここに捨てる~!!
 他にも漁船の近くに若い船員が車を止めて乗り込み、出港準備を始めた船があったので、年配の方に聞いてみました。
「組合員が漁協に集まってお祓いとかしないんですか?」「今は昔のように大袈裟なことはしないね」
「旗は今朝揚げたんですか?」「そうだ」
「旗を立てた船のパレードなどは無いんですか? 」「しないねぇ」
「ツブカゴですよね。これから揚げに行くんですね。いつ入れたものですか?」
「毎日入れる」
「毎日入れて毎日揚げるんですね」「ああ。」
そんな会話をしているうちにも旗は降ろして畳み、漁具を積んできた岸壁の小型トラックに乗せ、出港して行きました。
 港には船が繋留されていない場所に沢山の乗用車が並んでいましたので、各漁船が都合に合わせて、私が到着する前に出港して行ったのでしょう。祝いの日の宴などはどうなのでしょうね。私が子どもの頃は、父が船霊様の日の集まりに行って、持って帰ってくる赤飯や折り詰めのおかずが楽しみでした。
c0057167_17103449.jpg

 穏やかな港の中ではスズガモの群れが気持ち良さそうに浮かんでいました。
c0057167_17112444.jpg
釣り人が並んでいる場所ではチカ(と思う)が入れ食い状態でした。



         焼印の押されたバナナフロート はやししげお

 この冬、久しぶりに冷たい冬を過ごしています。ここ数年は暖冬が続き、氷も張らない冬が続いていましたが、この冬は子供の頃の冬に逆戻りした感じです。そんなわけで高速道路もチェーン規制が多く、1月末には北陸道が終日通行止めになるほどの大雪にもみまわれました。そんな冬の三里浜で焼印が押されたバナナフロートを拾ったので紹介します。
 1月23日、前日に恐竜博物館後援会の解散総会に出席し、福井泊まりだったので三里浜砂丘へビーチコーミングに出かけました。この冬はお天気が悪かったり、18万キロ走ってきた愛車のエンジントラブルに悩まされたりと、福井の浜が歩けてなかったのです。福井市内は雪が多く、浜も雪に覆われているのではないかと心配していましたが、それは杞憂におわり、雪の無い浜歩きができました。
c0057167_17155674.jpg

 昨年末に福井市自然史博物館で開かれたビーチコーミング展は、盛況で幕を閉じましたが、その影響もあってか、ビーチコーミング人口は増加したようで、浜を歩く人が増え、真冬の砂浜にも足跡が数多くありました。そんなわけで、漂着物は多かったのですが、ガラスの浮き玉は、この日一つも拾えなかったのです。ビーチコーマーが増えたのは喜ばしいことですが、浮き玉が福井の冬に拾えないってのは、何だか寂しくもあります。
 福井市の三里浜砂丘は、暮の大荒れによって砂丘が削られました。特に西にある鷹巣海水浴場では、海の家が夏にあった位置まで砂丘が削られ、駐車場が陥没したり、電柱が倒れたりしたのですが、この日はもう砂が少し戻ってきていました。沖合いには離岸堤が設置されていますが、自然の営みはそんなモノを全く気にしていませんでした。
c0057167_17131524.jpg

 この日には、少し遅れていたハリセンボンの大量漂着が始まっており、汀線沿いにいくつかのハリセンボンが打ちあがっていました。多い場所では1mに1個体の割合で漂着していた場所もあって、死滅回遊で語られるハリセンボンですが、なんだか懐かしい気がしました。
 さて、浮きですが、さまざまな種類のプラスチック製浮きが漂着していました。オレンジウキの漂着量が減ったとか言われていますが、見た感覚ではそのようには思えませんでした。
c0057167_17141651.jpg

そんな中で、一つ興味深い浮きを見つけました。それは焼印が押されたバナナフロートを見つけました。それは全長175mm、幅53mm、厚み34mmの、バフ色をした発泡合成樹脂製のものでした。その表面に押された焼印は縦87mm、横25mm+で、四角い枠の中には、「落マルハ(〇の中に、は)初枝丸」と五文字ありました。ただ最初の「落」は、「福」かもしれません。そうなると、気になるのは初枝丸ですよね。このバナナネットで検索したら初枝丸はイロイロありました。初枝丸には、アリューシャン列島あたりで漁業調査をした船もありましたが、こんな記事も・・・・・第5初枝丸・竜宝丸衝突(北海道宗谷支庁枝幸町沖) [昭和62年3月31日] 北海道宗谷支庁枝幸町沖 死者1名;行方不明者5名;船舶1隻沈没 3月31日午前9時30分、北海道宗谷支庁枝幸町の港から52kmのオホーツク海・・・このバナナフローとは、けっこうエージングが進み、横から見るとフロート自体も湾曲が進んでいたので、ついついこんな記事が気になってしまいました。こうしたフロートに焼印を入れるという面倒な作業、最近ではあまり行われないと思います。だって焼印の入ったバナナフロートに出会ったのは、これが初めてでしたから。
[PR]
by uki-puka | 2011-02-05 17:16 | プカプカ通信 | Comments(0)