excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プカプカ通信98・Nov-10-2010

      北海道余市にアオイガイ大量漂着しました  中司 光子

 2010年10月18日、北海道余市町浜中モイレにてアオイガイを採集しましたので報告します。
c0057167_22202434.jpg
               余市町浜中モイレ海水浴場 
c0057167_22212881.jpg
              最初に見つけたアオイガイ

 17日の浅原硝子製造所ガレージセールに参加するため、16日夕方小樽に入りました。日中は穏やかでしたが、日が落ちた頃から急に気温が下がり始め、夜更けて雨になり冷え込みました。17日午前中は雲の合間から陽も差すまずまずの天気。ところが昼頃から急変!北西の強風と強い雨が断続的に来て嵐のような天気に。気温も急激に下がりました。
 こんな天気の中で、私は密かに確信していました。きっと来ている!きっと上がる!きっと拾える!
 18日、朝8時過ぎのの列車に乗り余市町に8時半着。浜中モイレまで歩きました。曇り空、雨は降っていませんでしたが西風が結構吹いていて気温は一桁だったでしょう。9時半『海の家あおいちゃん』あたりから浜に出ると、すぐに見つかりました。やった~!これが私が北海道で自力で見つけたアオイガイの第1号になりました。しかも完品です。そのすぐそばには少し欠けのあるものがもう一つ。西に向かって歩いて行きますと、波打ち際や満潮線に沿っていくつも見つかりました。海水浴シーズン前に重機で積み上げられたとみられる軽い木片の山に引っ掛かっているもの、小さな流れがトラップになったもの、などなど。中には明らかに散歩の人に踏まれたと思われるものや、カモメかカラスに突つかれたものもありました。

c0057167_22232411.jpg
                 哀れ、踏まれたアオイガイ

ヌッチ川というところまで1.2キロくらいでしょうか。ゆっくり歩いて往復2時間。漂着自体は20個体以上あったと思いますが、拾ったものは12個で完品が8個です。計測できるものは大きい順に163×110。132×89。128×85。125×81。116×81。89×56。86×56。60×37。57×38。47×30。(単位mm)ちなみにこの他に南からの種子やギンカクラゲ、カツオノエボシ、ルリガイなどは見つけられませんでした。

c0057167_22243587.jpg
             誰かが作ったアオイガイモニュメント 

c0057167_22252264.jpg
                これだけ拾ってきました。

 十勝に帰って来てからもその後、日本海側で何度か北西の強風が吹いて波が高い日がありました。気になって仕方が無いのですが、すぐに飛んで行かれない距離なのが残念です。今回はガレージセール参加とたまたま漂着のタイミングが重なって本当にラッキーでした。

Editor's note 
 気象庁の余市のデータによれば、17日の12時頃から北よりの風が優勢になり、4mほどの風が断続的に吹き、13時から14時にかけての最大瞬間風速は10mほどに もなりました。18日午前中の最低気温は4.7℃、午前8時の気温は9.3度でした。なお海上保安庁による17日の余市周辺の海水温(表面)は18℃でし た。海水温は高めに推移していますが、気温の低下や荒れによってアオイガイの生息する浅海域で対流が起き、海表面近くに浮き上がったアオイガイが吹き寄せられた可能性が高いでしょうね。
 この浜中モイレ海水浴場は2007年9月に中司さん、小林さんと一緒に歩いた浜ですが、微小貝が多く、ビーチコーミング向きの浜でした。そのとき、割れたアオイガイの欠片を見つけましたが、きっと中司さんはその頃からこんな大量漂着を狙っていたのでしょうね。


         日本海側のルリガイ    林 重雄

 2010年秋、太平洋側でもルリガイが各地で見られましたが日本海側でも漂着がいくつか確認されました。2010年9月18日、わたしは渥美半島のある愛知県田原市堀切海岸などでビーチコーミング中にルリガイを確認していました。同日、敦賀在住のkinさんも敦賀市でルリガイの漂着を確認され,ブログにアップされました。
 翌週の9月24日、わたしも敦賀でビーチコーミングを行い、浮嚢のついたルリガイをはじめ、同時漂着をしていたギンカクラゲを確認しました。日本海側でも、やっとビーチコーミングシーズンが始まりました。この日は、他にも美浜町や若狭町の海岸を歩き、イルカンダ、シロツブといった南方系の漂着種子を確認し、ルリガイとギンカクラゲも確認しました。
 ●福井市三里浜では同じく9月中旬に福井市在住のことまるさんがルリガイを確認され、その後も10月下旬までの間に福井市三里浜や、あわら市浜地などでルリガイ、ヒメルリガイ、アサガオガイを確認されました。
 ●福井県の西部では、あぐりさんが10月初旬に高浜町でルリガイ、10月中旬に小浜市でルリガイ、ギンカクラゲを確認されました。
 ●お隣の石川県門前町では、ぽんたさんが10月初旬にルリガイを確認されました。
 ●新潟県では、化石部の父さんが10月中旬にルリガイとギンカクラゲを確認されました。
c0057167_22274340.jpg

 このように福井県下では月の中旬から10月中旬にかけての一ヶ月間ほどルリガイが断続的に漂着し,日本海を北上したルリガイは石川県や新潟県までたどり着いたようです。今回のルリガイ漂着の特色として,この写真にあるような浮嚢が付着した個体の漂着が多かったことがあげれます。ルリガイの漂着にはギンカクラゲがつきものですが、今回の漂着でも直径が1cm未満の小さな個体から、5cmほどの大きな個体までが同時漂着していました。福井市の「ことまる」さんは軽い漂着物ラインを細かく調査して、ルリガイだけではなく、ヒメルリガイやアサガオガイまで見つけられました。今回の青い貝漂着は、福井県だけではなく能登半島や新潟県でも見つかっていますので、大量のルリガイ類が広範囲に漂着したのでしょう。


●●●お知らせ!●●●11月13日から12月23日にかけて福井市自然史博物館でビーチコーミング展が開かれます。福井県のビーチコーマーたちがこれまでに拾い集めた漂着物の集大成となるもので,ビーチコーマー主導の手作り漂着展となっています。博物館は基本月曜休みで,入館料は100円です。もし、カニ宴会や出張などで来福の機会があれば、ぜひどうぞ!
[PR]
by uki-puka | 2010-11-15 18:47 | プカプカ通信 | Comments(0)