excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プカプカ通信94・ May-16-2010

         与那国島にヒルガオガイの漂着  久野幸子

 1月頃から廃油が漂着し始めて気温も高くなり溶けて白い浜は汚くなってます。
 長靴も、スニーカーも黒くてベトベトです。そんなんで浜を歩くのがいやになってたころ、またまた黒い満潮線が長く長く伸びてました。
 3月10日、私は浜歩きをパスしてしまいましたが、渡辺御夫妻(貝を収集されてます)が黒の道に出かけられて西のナーマ浜と東のウブドマイ浜で計20個のヒルガオガイをひろわれました。
  泡がでてなければ、私では気がつかなかったかもしれません。他に、ルリガイやア サガオガイ、カツオノエボシ、カツオノカンムリといった青の世界の仲間はほとんど漂着してませんでした。種子もです。もちろんガラスの浮子もです
 渡辺御夫妻と私は疑問を感じました。なぜヒルガオガイだけ?
 そしてまた他の疑問も。私たちはルリガイを今までの合計で2個しか拾ってないのです。与那国にはルリガイが流れて来にくいのでしょうか? 
c0057167_239647.jpg
        
          与那国島に漂着したヒルガオガイ 久野幸子写真

                        
         白樺浮きを使った現代アート  はやししげお
連休明けの5月8日土曜日、福井県あわら市にある金津創作の森で開かれていた「森のアートフェスタ」を見てきました。 ここでは福井県を中心として遠くは福島、千葉あたりからもクラフト作家が集まり、陶磁器、木工、ガラス、テキスタイル、蔓細工、などなど100を越えるブースが集まり、連休明けで混み合うわけでもなく楽しめました。 
 このフェスタでは、体験講座や、パーフォーマンス、それに食のマーケットもあって、クラフト作家のブースは、この水辺の広場周辺にありました。
 さて、会場への道すがら、企画展などの開かれるアートコアの前を通ったら,中に怪しいモノが林立してるじゃないですか!  ええ~!何でここに白樺浮きが???
c0057167_23122634.jpg

 中に入り、テロップを読めば、「空-漂着者・・・つたにひろこ展」とあり、師と仰ぐ方へのレクイエムとありました。
c0057167_23132834.jpg

 細長い廊下部分に、外へと 向かい白樺浮きが林立する様は壮観でした。 表現方法はさまざまありますが、この地の特徴的な白樺浮きという漂着物をアレンジされた作品、楽しめました。 漂着物を使った展示作品、なかなか見る機会がありませんので、ここに紹介させてもらいました。 テロップのあった最寄位置から、順を追って館外へと導かれていきます。
 この作品展は、福井県あわら市宮谷にある金津創作の森で、4月17日から5月9日にかけて開催されていたものです。
c0057167_2314179.jpg

 今回紹介した「つたにひろこ」さん(津谷博子)は福井県在住の現代アート造形作家で、様々な動きを持たせた人型フィギュアを中心に創作活動を続けられているようです。
 金津創作の森で展示されていた作品は、白樺浮きを素材に使われていましたので、ここに紹介しました。
 白樺浮きは全国どこにでも漂着する物ではなく、北陸を中心とした日本海側に多い漂着物です。「つたにひろこ」さんが、そのことを知っておられたのかは分かりませんが、地元の漂着物を用いたアートととして、今後の展開が楽しみです。「つたにひろこ」さんはこの冬、浜に打ち上げられていた白樺浮きにインスパイアされて、こうした作品を作られたそうです。そういえば、この冬はあわら方面で白樺浮きをそんなに見なかったかも・・・きっと彼女が拾って作品作りに用意していたのかもしれませんね。
 さて、今回は白樺浮きにスポットをあててみましょう。
c0057167_23104392.jpg

 写真に示したのは2つの白樺浮き、大きい方は98ミリ、小さいほうは67ミリの全長があります。
 どちらの浮きも加工が非常にうまくできており、縁の処理など自然の状態の樹皮ではなく、誰が見ても人の手が加えられたのが一目瞭然ですね。
 加工の上手な白樺浮き、そのほとんどは、この大きい方の浮きと同じレベルで作られており、浮子綱や魚網に絡むことの無いよう、縁の処理がきちんとされています。
 注目して欲しいのは、小さいほうの白樺浮きです。これはとっても固く巻いてあるようにみえませんか。これまでいくつかの白樺浮きを見てきましたが、竹輪のようにキッチリと巻き、その巻きが解けないように縁の部分に4本釘打ちまでしてあるのは、これしかありません。これは私のとっておき秘蔵コレクションなのですよ。
         
[PR]
by uki-puka | 2010-05-16 21:40 | プカプカ通信 | Comments(0)