excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プカプカ93・Mar-28-2010

      2010北海道ウキウキ研修会in青森」へのお誘い 田中 正人

ウキウキ研究会北海道支部では、2010年度の研修会を開催いたします。
日 時 2010年7月3~4日(土・日)
会 場 青森県むつ市(下北半島)川崎庸次邸他
内 容 ・川崎邸の見学(漂着物・古民具等お宝でうめつくされた豪邸)
・下北半島の浜歩き
・ウキウキお宝自慢大会
・その他
会 費 時価
参加資格 いつもウキウキな人

 今年の北海道支部では、これまでのウキウキ研修会を大幅に変更し、他県への攻略となりました。その標的になったのは青森県です。青森県と言えば、ガラス玉の産地としては北海道に引けをとらないほどの有名な県で、ダブルFマークで世界に知られた北洋ガラスは青森市にありますし、佐々ガラスも青森にありましたね。
 ビーチコーミングの場所としては、青森は浮き玉の拾える場所として広く知られています。米軍基地が三沢にあることから、米軍関係者の間では以前からこのエリアで浮き玉を拾うことが広く行われており、下北半島あたりはよく知られています。snagexさん(ハンドルネーム)のブログ「釣りと海散歩」http://snagex.exblog.jpの過去ログを見ていただければ、そんな様子の一面を知ることができますので、ネット環境があれば、ぜひご覧くださいね。           

c0057167_19104131.jpg

                  川崎さん所有・薬瓶ウキ

 2003年に発行されたウキウキ事典から、川崎さんによる下北半島の項目を転載してみた。
シモキタハントウ  下北半島  私の住む「むつ市」は本州最北の「市」で、北に津軽海峡、東に大平洋、西と南は、むつ湾に面して漂着物に関して は大変恵まれている土地柄です。その中でもガラス製の浮玉はソ連(CCCP)、ハングル文字の入ったもの、日本製では、セ・北・GC・シの印、希少なものとしては枕玉と称されている長さ10cm〜12cm位の物で、現在漁業を営んでいる方も殆ど見たことがないとの事から、大正から昭和の初期にかけて使用された浮玉ではないかと思っています。それ以前では桐を丁寧に加工し柿渋を塗ったもの、漆の木を10cm位に加工して更に赤漆を防腐剤として塗るという念の 入れ様で、大シケでは波と風でどこかの海に流されていくのではと思われますが、ガラスの浮玉と同様、金銭も手間も惜しまない海に生きる人々の力強さとしぶとさを彷佛させます。また、大平洋に面した砂浜では浮玉が砂嵐で磨りガラスのように不透明になったり、編目の部分だけが模様になって残っていたりしてその激しさを想像させます。小雪の中、雨の中、また太陽の光の中、特に岩場の海岸ではよくぞ割れずに私を待っていてくれたなァ〜という感激も相当な物です。大きさも直径30〜40cm位まで、色は緑、青、茶、無色など比較すると微妙に濃淡も違い手にとってみると重さも違っていて、1コ1コが個性を持っている気がして非常に楽しいもので私のコレクションの中でも大切な部分を占めています。        
 小型の浮き玉の用途は、蛸縄と称し砂地の海底すれすれに張りを浮かせて、産卵で岸辺に寄る蛸を引っかける漁法や延縄漁として針先にエサをつけてアブラメ、カレイを採る方法もあります。大きなものはホタテ養殖として大量に使用されていますが、現在では割れにくく軽いプラスチック製に殆ど変わっていますので、ガラスの浮玉は近い将来消えてしまう運命にあるようです。(川崎)
 今年のウキウキ研修会は青森でのビーチコーミングだけではなく、青森のウキ・コレクター川崎さんのお宅を訪問することも大きな目的になっています。数年前に訪問された石井会長をも唸らせたというコレクション、この機会にぜひ見ておきたいものですね。詳しいことは幹事の田中さんに連絡してくださいね。
                           


     チシマフジツボが付着したプラウキ   はやししげお

 2月27日、福井市のビーチコーマー・ことまるさんのブログ「遊びにいってこさ」http://blog.goo.ne.jp/kotomaru_5 で、福井氏三里浜砂丘に漂着したプラウキに「熱中時間」で倉谷うららさんが紹介されたチシマフジツボが付着しているのを報告していただけました。ブログによれば、2月末の晴れた平日にゆっくり浜歩きを楽しもうと出かけた三里浜で、黒いカエルウキ(プラ浮き)に付着したフジツボが「いつものフジツボじゃない!」チシマフジツボと気づかれたそうです。

c0057167_1913262.jpg

       三里浜に漂着したカエルウキに付着したチシマフジツボ

チシマフジツボ・Semibalanus cariosusは、寒帯性生物で太平洋側では銚子以北、日本海側では津軽海峡以北に生息しています。これは寒流の影響する海域に限り生息しているものと思われ、犬吠崎にも本種が生息しているようで、それは親潮の強い南下流の影響によるものと思われる。逆に本州日本海側に本種が見られなかったことは、本州太平洋側と比較して、対馬暖流の影響が強くて本種の生息に適しなかったのだろう。
 チシマフジツボの分布域は太平洋側と日本海側で大きく異なり、これは沿岸に流れ込む海流と、それに伴う海水温の違いなどが地理的分布を大きく左右していることが推測される。
 そんな北方系のチシマフジツボが福井市三里浜砂丘に漂着したとの知らせを受け、3月20日にわたしも見に行ってきました。当日の三里浜は快晴で気温もグングン上がり、昼前に到着したときの気温はおよそ20度ほどでした。羽織っていたフリースも脱ぎ、シャツの上にウインドブレーカーを羽織って歩き出しました。冬の間に漂着した木造の平底舟近くに「ことまるさん」が見つけられたチシマフジツボの付着したカエルウキはデポしてあったのですぐに見つかりました。
 チシマフジツボが付着していた黒色のプラスチックウキは、直径が30センチの球形をしたもので、ロープを通す二つの耳があり、そのために外観がカエルの顔に見えることから、カエルウキとも呼ばれているものでした。なおこのウキには陽刻やエンボスなどは全く見当たらず、出所不明なものでした。こうした耳のあるウキは漂流中、耳のある部分が錘となって下になるので、耳の周囲は海中にあるために付着生物は耳の周囲に集まる傾向があります。チシマフジツボが付着していたこのカエルウキには、ほかにも殻長30ミリほどのムラサキイガイが多数付着していました。付着していたチシマフジツボは、直径15~30ミリ・高さ5~20ミリほどの個体が多くて、付着していた総数はハッキリしませんが、50個以上は付着していたものと思われました。

c0057167_19163914.jpg

       密集したチシマフジツボ・右上はムラサキイガイ


 何か生物系の漂着物が一つあれば、二個目もある・・・というセオリーがありますが、それを期待して浜を調査してみました。探すポイントは同じカエルウキを見つけること・・・そうして探すうちに同形のカエルウキがいくつか見つかりました。ただ、付着生物の無い物や、付着生物はあってもムラサキイガイだけ・・・結局チシマフジツボの付着が確認できたのは、ことまるさんが確保しておいてくれたウキの他に3個あっただけでした。3個のウキはどれもムラサキイガイの付着があり、それに少数のチシマフジツボが付着していました。チシマフジツボの付着数の内訳は一個目・3、二個目・2、三個目・6となりました。
 こうしてある程度の個数の漂着を確認できたということは、対馬暖流の優勢な日本海においても北からのリマン海流などの影響を軽視できないということになりますね。あくまでも漂着物に付着しての移動なので、生物学的な分布とは異なるアクシデンタルと思われます。ただ、福井の漂着物を見ていてロシアのウォッカ瓶、ライター、ヘルメット、ペットボトル、食品の瓶など多く漂着していますので、北方系付着生物も気をつけないといけませんね。
[PR]
by uki-puka | 2010-03-27 10:54 | プカプカ通信 | Comments(0)