excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プカプカ75・Mar-20-2008

    「北海道大学総合博物館にガラス浮きを見に行く」 藤山恵子

 プカプカ通信をご覧の皆様、こんにちは。北海道はとても寒い日が続いていて浜歩きは春まで封印の予定です。
漂着物学会のMLでみなさんの報告をうらやましく眺めていましたがそのMLで珍しいガラス浮きの展示があるとの情報を耳にしました。どうしても見てみたいと思い立ち北海道大学総合博物館(http://museum-sv.museum.hokudai.ac.jp/index.php)の「水産科学館に蓄積された水産学部100年の歴史」(展示は2008年2月17日に終了)簡単にですがご紹介したいと思います。
c0057167_21445575.jpg

「雪の中の北海道大学総合博物館」札幌駅北口から雪道を歩くこと約10分北大の正門に到着。門のすぐ横にある警備員室でキャンパス内の地図をもらいさらに歩くこと約5分やっと北大総合博物館に到着。ちなみに入館料は無料です。
c0057167_21454083.jpg

「展示室内の様子 漁船の模型などの水産に関する展示が並んでいる」博物館は平日のせいもあってか人は人影もまばらでひっそりしていました。
さっそくガラス浮きが展示されているという3階へ。展示品は水産学部の歴史をまとめた�##ヘ烽フから昔の漁船の模型。昔使われていた網や仕掛けの漁具、いろいろな釣り針などの展示が続きます。
c0057167_2146516.jpg

「展示品 延縄タコ用」まず個人的に気になったものをいくつかご紹介します。昔使われていた魚網・仕掛けに中に展示されていたタコ用の仕掛けです。
荒縄に二枚貝を利用した蛸壺がついています。二枚貝は浮きか何かに使用しているのかと勘違いしていましたが、イイダコの蛸壺なんですね、林さんに教わりました。展示品の使用方法や材質などの説明が少なかったのが残念です。余談ですが博物館の方に確認したところ展示品に関しては写真撮影自由だそうです。
c0057167_21463810.jpg

「展示品 コルク製浮子 サバ流し網用」次は浮きの展示の中にあったものをご紹介。コルクでできた浮きです。東京と書かれていましたので関東で使用されていたものでしょうか。約5cm×10cm×15cmくらいの大きさ。はっきりしない画像で申しわけないのですがよく見るとタグに「阿羽」と書かれています。網端の当て字だそうです。タグもかなり前に書かれたものそのままで時代を感じます。
c0057167_21472632.jpg

「展示品 木製浮子 底刺網用�オレンジ浮きに少し形が似ているでしょうか。長さがバラバラのものが束ねられていました。長さは約17cmから20cmくらいでしょうか。昔はこれを1個1個削って作っていたんでしょうね。
c0057167_2148822.jpg

「展示品 硝子浮子」そして目的のガラス浮きを発見!今まで目にした事のなかった形の硝子浮がひっそりと置かれていました。第一印象は卵型。薄いやや緑がかった硝子の色。やや尖った側にシール(蓋)がされているようです。ガラスケースの上から見た状態では刻印はないように見えました。気泡は少なく滑らかに均一の厚さのガラス浮きです。タグには「札幌産」の文字がありました。これ以上の詳しい情報は特に書かれていませんでした。
c0057167_21483390.jpg

「展示品 硝子浮子 別の角度からの画像」網がけの方法もみられてよかったです。大きさは目測で長さ約10cm前後一番ふくらみの大きいあたりで高さ5~6cm程度かと思います。どうしてこのような形に作ったのかどのような漁に使われていたものなのか不思議です。
 実際に触れる事ができなかったのが残念です。かなうなら是非拾ってみたいガラス浮きがまた1個増えました。
c0057167_2149231.jpg

「展示品 タイマイの甲羅」水産加工品についての展示もありました。タイマイの甲羅です。加工中の鼈甲やかんざしなどのが一緒に展示されていました。
c0057167_21495340.jpg

「展示品 捕鯨に関する展示」シロナガスクジラのひげ板と鯨を加工・利用したものの展示がありました。ひげ板の手前にあるのは表面がひげで編まれたもので覆われた杖です。とても綺麗に作られたもので裕福な人の持ち物という印象です。他には日用品のカゴ類、色鮮やかな鯨の大和煮の缶詰のラベルがありました。
c0057167_21511623.jpg

「展示品 捕鯨に関する展示 かぶら」さらに「かぶら」なる食べ物がありました。展示品には売られていた当時の説明書もあり簡単にその内容を書くと『鯨軟骨より加工されたもので熱湯で戻してお手軽料理にどうぞ。卵とじ、刺身のツマ、茶碗蒸しなどに』という事でした。どんな味のものなんでしょうか。食べた事ある方いますか?
c0057167_2152216.jpg

「展示品 研究用潜水艦 くろしおⅡ号の写真パネル」最後に船舶関係の展示がありました。潜水艦自体には特に興味はわかなかったのですがよく見ると大きなガラス浮きが写っていました。かなり大きそうです。やはり気になるのはガラス浮きですね。
 展示されいるものを見るのも楽しいのですが早く浜を歩きこの手でまた何か拾える季節が早くこないかと思っています。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


         与那国島は緑玉フィーバー   久野幸子
 2月11日久しぶりに太陽が顔を�###`かせたので休みなのに家事を優先してしまいとりあえず、北の浜のナンタ浜へ行ってみたのですが漂着物はほとんどありませんでした。
 12日の夕方、友人が来て「ガラスの浮球12個拾ったよ!ユキさん何してたの~!」です。去年と同じです!!!この友人は去年の大量漂着で台湾製のガラスの尺球17個も拾った人です。去年もしばらく立ち直れなかったのに、今年もなんて耐えられません!!!

c0057167_1139478.jpg

 14日、バレンタインディだというのにだめな1日でした。なんとか気分転換しようと東の浜のウブドマイ浜に行ってみたら台湾製のガラスの尺球が8個!!ものすごーく幸せ!!一昨日はしょげていたのが嘘のようでした。こんな事って本当にあるんですね!色々なことをパーっと忘れてしまい浮きに向かって走ってました。集めたのは良かったのですが、浜から道までの坂は厳しく、おまけに家までげんちゃりです。日暮れまで時間が無いので、あわててアダンの茂みの中に5個隠してから帰りました。なんてステキな日にかわりましたよー!!!

c0057167_21532583.jpg

 翌15日に隠した浮き球を取りに行ったのですが、またまた2個あったのです!Wさんに手伝ってもらって二人で7個持って坂をあがりました。ふと海を見てみると、浮き球がイッパイ。プカプカしてました。ヨーヨー釣りができそう。こんな光景は初めてでした。目を凝らしてみたのですが、ガラスの浮き球は無かったと思います。嬉しくて夢中で持って帰ったのですが、夕食の時に箸が重くてあがらなかったです。Wさんはさぞかし疲れた事と思います。後になって気がつきました。ごめんなさい!!しかしこの勢いで拾っていったら家の中は浮きだらけで住めなくなりそうです!まっ、狸の皮算用かな!つかのまの幸せな悩みを想像してみました。17日げんちゃりのタイヤが壊れてしまい浜に行きそびれてたら友人からメール。「ガラスの浮き5個ひろったヨ」ですって!!明日こそ行くぞー!!
[PR]
by uki-puka | 2008-03-16 20:53 | プカプカ通信 | Comments(0)