excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プカプカ71・Oct-20-2007

             利尻小紀行   鈴木明彦

 2007年8月下旬、北海道北部の日本海側に浮かぶ利尻島に行ってきました。離島の小学校のへき地教育実習の指導が主な目的でした。
 限られた時間でしたが、漂着物も見学しましたので、紹介します。
 利尻島は、周囲63kmのほぼ円形の火山島です。島の中央には、別名利尻富士ともよばれる秀峰利尻山(写真1)がそびえています。
c0057167_12262364.jpg

 この島はほとんど火山岩のため、海岸には岩場が連続しています。今回、私が歩いたのは西側の海岸ですが、東側の海岸では岩場の間に砂浜が見られましたので、お宝が上がっているのかもしれません。
c0057167_1227390.jpg

 利尻町仙法師海岸(写真2)は、岩場に面した礫浜で、漂着物の乏しい浜でした。ここでは、貝殻やウニの殻を見つけました。人工物では、やはりロシアや韓国の漂着物が目につきました。いくつかガラス浮きのヘソ(写真3)を見つけましたが、完全な浮き玉はありませんでした。
c0057167_12273129.jpg

夕方にもこの隣接する海岸を散策しましたが、特に目ぼしいものはなく、貝殻を二三拾ったくらいでした。
c0057167_12281138.jpg

 帰る日の午前中には、利尻の自然や文化を展示した利尻町立博物館(写真4)を見学しました。規模はそれほど大きくありませんが、充実した内容の博物館でした。常設展に加え、最新の研究成果も追加展示されており、島の情報発信の基地になっているのでしょう。
c0057167_12292851.jpg

 漂着物で気になったものといえば、オウギハクジラなどの大型動物です。このコーナーには、ツチクジラ(写真5)やアカウミガメ(写真6)の立派な標本が展示されていました。これらはいずれも利尻町新湊(西側の海岸)に1990年代後半に漂着していたものです。
c0057167_1230747.jpg

 地球温暖化の影響で海水温上昇が懸念される昨今、今後南方系要素が北の島にも漂着する可能性は十分にありうることでしょう。


          アオイガイ留萌に漂着         鈴木明彦

 暑かった北海道もすっかり涼しくなりました。秋風が吹く頃になると、気になるものといえばやはりアオイガイです。9月中旬、留萌方面に出張した折、アオイガイを見つけたので報告します。
 9月15日の早朝、留萌付近の海岸を散策しました。ここ数日北海道周辺の海は少々荒れていたので、漂着物もあがっているかと思いました。そして留萌市南西の沖見海岸でアオイガイを発見しました(写真参照)。
c0057167_12303744.jpg

 夏には留萌ゴールデンビーチとよばれ、海水浴場になる砂浜です。前日の高潮線付近に、貝殻や海藻とともに打ち上げられていました。礫混じりの砂浜のため殻は破損していますが、大きさは中くらいのサイズのものです。随伴する貝類は、コベルトフネガイ、イガイ、コウダカスカシ、ユキノカサ、チジミボラなどすべて寒流系の種類です。なお、南方要素としては、韓国の将棋駒(八角形)が漂着していました。
 道北地方でのアオイガイの漂着例は乏しく、留萌では初めての記録かもしれません。今年は9月4日に余市(林重雄氏採集)、9月15日に留萌と見つかりましたので、今後北海道の日本海沿岸の漂着物が注目されます。

from Editor
 漂着物学会メーリングリストによれば、石狩浜でも10月6日にアオイガイが漂着していたそうです。また、10月4日には福井県でアオイガイが漂着しており、採集してきました。これからがアオイガイシーズン、各地のたよりを楽しみにしています。
[PR]
by uki-puka | 2007-10-19 11:36 | プカプカ通信 | Comments(0)