excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プカプカ通信65・Apr-20-2007

     Shigeの漂着物図説・頭足類ー2    はやししげお

 オウムガイ Nautilus pompilius
c0057167_20532911.jpg

日本では、南西諸島や沖縄でときどき拾われているのがオウムガイ。生きていた時には深い海に住み、潜水艦:ノーチラスとも呼ばれている頭足類の生きている化石。
 古くは古生代の化石にも見られ、アンモナイトもこの近縁種。中生代末に浅海にいたアンモナイトは絶滅したが、深海にいたオウムガイは生き残ったとも言われている。
 最近の漂着では、2005 年9月8日に徳島県の鳴門で、ウキウキ研究会の鈴木明彦さんが拾われている。残念ながら愛知県での漂着例は知らないが、お隣の三重県では2001年8月24日に海山町で拾われている。わたしのフィールド越前海岸では、佐々木春喜さんが福井市鮎川で1995年8月に拾われている。

 ほとんどは貝殻の漂着だが、むかし鹿児島の沖合いにある定置網に生きたオウムガイがかかり、しばらく飼育されたようだ。
c0057167_20534627.jpg

 さて、沖縄県与那国島では幼貝の漂着もあった。この島でカレーやさんを営むユキさんは、筋金入りのビーチコーマー。彼女は学会に参加される度に、宝物を見せてくれる。チョコレートの入っていた容器に収められていたのは、直径が3センチほどの黄土色をしたチョコ・・・じゃなくて、オウムガイの幼貝・・・チビオウムだ。
 このオウムガイ、幼いうちは裸で暮らしているのか、黒っぽいヘソが見える。でも、成長するうちにパンツを履き、ヘソは見えなくなってしまうのだよね〜。

トグロコウイカ Spirula spirula
c0057167_205485.jpg

 Ram's Hornとも呼ばれるトグロコウイカの貝殻も漂着するが、大きさも直径1.5セン
チほどと小さいので、漂着していても気付かれないことも多いのだろう。
 最近の漂着例には、三重県国府白浜で2005年10月5日、石垣市伊野田で2004年12
月14日、千葉県鴨川市で2003年9月15日に漂着が確認された。
 この貝殻は、オウムガイのように内部が仕切られている。そして同様に殻の内側には仕切りを貫通する小さな孔が空いている。オウムガイでは、殻の中に軟体部が入っているが、トグロコウイカはそうではない。
 トグロコウイカの貝殻は外套の端(えんぺら側)の方に入っていて、上の図のように実線部分が外側から見えるようになっている。
 オーストラリアのロットネスト島に行った方から砂とトグロコウイカをお土産にもらったが、浜辺一面に打ち上げられており、変った巻貝があるなぁ〜!!と拾ってきてくれたものだった。このように場所によっては大量漂着するものだから、ビーチコーマーの数が増え、目が肥えることで、これから漂着例が増えることを期待したいですね。

 コウイカ類
c0057167_20542479.jpg

 コウイカ類には「イカの舟」と呼ばれる石灰質の甲が入っている。浜辺に落ちていたイカの舟を拾い、遊んだ記憶は無いだろうか?わたしが子供の頃によく行った愛知県知多半島にある常滑市の多屋海岸では、舟だけでは無くコウイカもよく漂着していた。夏に海水浴に行き、朝の散歩でコウイカを拾い持ち帰ると食卓に並んだ。もちろんミイラ化したものもあって、甲の尖った針先が先端にあることもその時知った。

 日本海側を歩くようになり、ピンク色の甲があるのを知った。ふつうの甲よりも細長いシルエットでもっと立体的で彫りが深い。

 時おり巨大なイカの舟破片も漂着するが、これは南海にすむコブシメのものだろう。

軟甲を持つイカ類
c0057167_20543783.jpg

 コウイカ類とは違い、ヤリイカやアカイカの仲間は透明な軟甲を持っている。美味しいアオリイカやスルメイカを捌けば、その存在はすぐにわかる。この軟甲もコウイカ同様にバリエーションが豊富だ。
 軟甲の難しいところは、採集してもすぐに乾いてしまい、乾燥による変型が著しく、先日も漂着したソデイカから軟甲を採集し洗っておいたら、翌日にはバリバリに折れてしまい仕方なく破棄処分とあいなった。果たしてこれは乾燥・保存方法が悪いのか?
 昨年の夏に、石井先生のお宅にお邪魔した際にソデイカのカラストンビ(口器)を見せていただいた。それは硬く立派なサイズで何にでも噛み付けそう・・・これまでタートルバイトと言われていたモノ・・・こいつに噛まれた痕かも??と思ってしまった。

from Editor
 今号では、原稿が集まらなかったので久しぶりにわたしの漂着図説と相成りました。みなさまも忙しいとは思いますが、ぜひぜひ原稿をよろしくお願いします。このところ珍しい浮きの原稿が多かったのですが、基礎資料となる普通に漂着する浮きの原稿もお待ちしています。よろしくお願いします。
[PR]
by uki-puka | 2007-04-20 00:00 | プカプカ通信 | Comments(2)