excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プカプカ通信61・Dec-25-2006

c0057167_21352917.jpg

 今年も残り少なくなりました。みなさまのお住まいの地域、ホワイトクリスマスでしょうか?それとも緑豊かなクリスマスでしょうか?
 クリスマスシーズンを前にして、浮き玉や瓶からできたビーチグラスを集めてクラフトを作りました。段ボールを使って円錐型の芯を作り、その周囲にビーチグラスをホットボンドではり付けました。



ダブルボール危機一髪!  加藤 耕平

 以前、トッカリショ浜の漁師のおばあちゃんから頂いた浮き玉達の刻印を調べていたら、ちょっと変わったものを見つけました。
 ヘソの刻印は”MADE IN JAPAN”で、直径11cmの、チビの中ではちょっと大きめのガラス浮き玉です。
c0057167_21381819.jpg

 刻印を確認するのと同時にスピンドルは無いかなぁと光にかざしてチェックしていたら、こんなものが有りました。
c0057167_21391523.jpg

 中に飛び出した出べそのところに小さな浮き玉が!これはもしかしたら、えりものリバーストーンさんという方が言っていた”ダブルボール”ではないでしょうか?どうしてこんな形になるのでしょうね?不思議です。
c0057167_21411450.jpg

 プカプカ通信web版で石川さんのダブルボール、やっと拝見できました。立派なものですね。

 うちにあるのもそうなのですが、シールを2回やり直していますね。1回目にシールした際に内側にプ〜っと膨らみ、外から見ると大きな穴が出来たので、もう一度塞いだのでしょうね。1回目のシールにも”MADE IN JAPAN”の刻印の跡が見えます。
 中のボールの直径は約25〜30ミリです。
c0057167_2140453.jpg

 室蘭のトッカリショ浜のあたりは、断崖絶壁が連なり、遙か下に海がみえるのですが、車で行くことは出来ず、450段の石段を使わなければ行けません。
c0057167_21403328.jpg

 そんなところに住んでみえる漁師さんのお宅を訪ねた際に40cmクラスの大玉を数個頂きました。両手に大玉を持ち往復し、懲りずに2度目の玉を運ぼうと思った矢先、漁師のおばあさんが「あっちにも小さいのがあるけど、いるかい?」・・・案内されたのは笹藪の斜面、まるでキノコのように土に半分埋まったガラス玉がポコポコとありました。
 すると、おばあちゃんは斜面を登りはじめ、浮き玉をとって「ほれ!」「ほれ!」と次々とこちらへ放って転がします。矢継ぎ早に転がってくる浮き玉をテンポ良く拾わないと、ぶつかって割れてしまいます。必死で拾いましたが、残念ながら一つ割れてしまいました。「お母さん、自分でひろうからいいよ、危ないから降りてよ」と言ったのですが、おかまいなし、とてもお年寄りの動きとは思えませんでした。
 笹の斜面をコロコロ転がされたダブルボール、ほんと危機一髪でした。


 プカプカ〜!!と浮いた話題を追い続け、けじめの50号を発行したのが2006年4月のことでした。その後は不定期発行になりましたが、みなさんからの投稿に支えられ、ここまでやってこれました。
 さて、2006年は北海道で漂着物学会が開かれ、久々に皆さん方とうれしい再会ができました。またこの学会の準備の際に、数々の珍しい浮き玉が発掘され、会場のえりも「風の館」の展示で実物とお目にかかることができましたし、その後もダブルボールなどの発見!!とうれしい話題が続いています。
[PR]
by uki-puka | 2006-12-24 09:17 | プカプカ通信 | Comments(0)

プカプカ通信60・Dec-01-2006

       物置小屋からダブルボール発見!   石川慎也
c0057167_23342441.jpg

 前号で林さんの報告にあったように無事学会も終わり、そろそろ家の手伝いをしなくてはやばいと、物置小屋を片付けていたら10個ほどのガラス浮子を発見しました。まだまだ漂着物に興味のない頃(おそらく7〜8年前)に百人浜で拾って、なぜかそのまま物置の奥に置き忘れた物だと思われます。整理しようと浮子の一つを手に取った妻が、「浮きの中にもう一つ玉があるよ」と言います。なんだそれはーと思いつつ手にとって見ると、確かに中に玉があります。スピンドルなら知っているけど・・・、困ったときのウッドだのみ、さっそくウッドさんの本を見てみると同じような浮子が載っていて、「Double‐ball Floats(ダブルボール)」とあります。(さすがバイブル。)しか も、ベリーレアなどと書いてあるではないですか。
c0057167_2334402.jpg
このダブルボールの大きさは、外側のボールは150mm(約6インチ)、内側のボールは約40mm(約1.6インチ)の大きさで、透き通っていますがやや変形しています。ウッドさんの本によると、中のボールは曇ったものもあるようです。
c0057167_23345333.jpg
もう少し早く見つけていれば、ウキウキ前夜祭や学会のときに、御披露できたのですが・・・。でも、発見できたのは「浮き球絵馬」の御利益ということでしょうか?



          石狩浜のアオイガイ2006    鈴木明彦

 2005年は、北海道にとってはアオイガイの当たり年となりました。10月から11月にかけて、北海道各地でアオイガイの漂着や漂流が多数報告されました。私もプカプカ通信47号で、石狩浜での漂着の様子を紹介しました。
 今年も10月に入ると北海道にアオイガイがやってきました。しばらく石狩浜にはご無沙汰してましたので、先日2ヶ月ぶりに浜辺を歩いてみました。そして、2006年10月16日および10月24日に、それぞれアオイガイを採集しました。前者は長径10cmほどで、ほぼ完全な貝殻でした(写真1)。
c0057167_23235084.jpg

一方、後者は長径18cmほど、私の採集品では最大の貝殻でした(写真2)。
c0057167_2324854.jpg

いずれも貝殻だけで中身はありません。しかし、石狩浜ではタコ(軟体部)を伴ったアオイガイもまれに漂着しています(写真3)。
c0057167_23242731.jpg

保存状態の良いタコについては、いしかり砂丘の風資料館が研究資料として保存しています。
 今年も10月に入って、北海道の日本海側の石狩、大浜(小樽)、銭函、野塚(積丹)などでアオイガイの漂着が確認されています。しかし、昨年のような大量漂着というよりは散点的な漂着のような気配です。まとまって漂着したのは石狩湾沿岸くらいでしょうか。
 気象庁のホームページによると、2006年10月中旬の日本海の海面水温は、北部全域および中・西部の沿海州・朝鮮半島寄りを中心に平年より高くなっています。 一方、日本海の本州沿岸寄りでは平年より低くなっている海域もみられるとのことです。今年もオホーツク海側にもアオイガイは漂着するのでしょうか。今後の北海道での新たな漂着に興味をもっています。



          与那国島の漂着物展    久野幸子

 わたしのライフワークはガラスの浮き玉を拾うこと。与那国に住み始めたころは浜にゴロゴロあったような気がします。拾う人もそういなかったかもしれません。
 ガラス玉にもいろいろあって、マークのあるもの、双子のもの、シリンダー型や、話に聞くと真っ赤な物もあるとか。私はせいぜいこげ茶です。赤いのとか、黄色いのとか拾いたいな〜そして大きさも色々です。
 そんなガラスの浮き玉はこの頃ほとんど拾えなくなってきました。それに替わってプラスチックや発泡スチロールの浮きが多くなってきました。それも色々いっぱいの種類があり、いろんな国で作られています。中国のオレンジ色のも多いです。ベトナムのキャンディー型はかわいいですよ。魚の絵が描かれていたり、色々です。
 この頃は薄い材質で大きなシリンダー型で白や赤のもあります。わたしはガラス以外は拾わないのですが、おもしろいものが多いです。

 与那国の自然博物館アヤミハビル館にて、『与那国の漂着物展』が開催されていました。カレー屋「ユキさんち」を経営しているユキさんが、二十余年をかけて拾い集めた漂着物を、初めてまとめて公開した今回の展示会、2006年9月末まで開催していました。
 また、ユキさんちHPにもいろいろ羨ましいモノが満載されていますよ。
[PR]
by uki-puka | 2006-12-01 00:00 | プカプカ通信 | Comments(2)