excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プカプカ54・June-15-2005

             ベンサス   加藤詩邦
  
 プカプカ通信をお読みの皆様、はじめまして。この度ウキウキ研究会のお仲間に入れていただきました加藤と申します。沖縄の離島に住んでいます。
 あまり漂着物の多くないこの島、わずかな寄せ物はやはり冬にやってきます。
  三月は漂着物も仕舞いの頃で、この時期を境に陽射しが強くなってくると移住者ビーチコーマー達は浜に来なくなりますから、私にもチャンスが巡ってきます。

c0057167_22352327.jpg


  家から五分程のところにあるビーチは毎朝毎夕犬とランニングに出かける場所です。近所の海人からも「あそこはあんたの縄張りさねえ」と言われるほど足繁く通う浜で、ついに憧れの大物を拾いました。ベンサス社の深海用ガラスブイです。
 六時半といっても薄暗い、南の島は朝が遅いのです。それでも五百メートルほど先の岩場にゴトゴトとぶつかる大きな黄色い物体があるのはすぐにわかりました。どうせプラ浮きだろうと、それでもあんなに大きい黄色のものは見たことがなかったので小走りに近づいていきます。
  滑りやすい岩の上をそろそろと進み、その頃には上下二つのカバーがボルトで止められているのが見えていました。カバーの隙間から硝子がみえると、あああれだ!と判って嬉しくて、誰もいない浜で「やったあ!」犬も大興奮です。
 さあ、それからが大変。私は小柄なので抱えるだけでも一苦労、抱えた勢いでブイごと前のめりに転び、海に頭からつっこむ始末。ずぶぬれになってしまったのであきらめてそれを腰程の深さの海に浮かせながら砂浜まで運んできたのでした。
 ようようひきずって車に載せようにも、乗用車のトランクには入らないような大きさ、結局後部座席に無理矢理押し込んで帰ってきました。

c0057167_22353765.jpg


 TELEDYNE BENTHOS
  深海用ガラスブイ、およびポリエチレン製ハウジング。
  ガラススフィアは直径17インチ(43.2センチ)、重量17.7キロ。
 ハウジングはSuper Ribbed Mooring Hard
 Hatという最上級クラス、長径55.9センチ重量3.74キロ。
 これは深海に係留してガラスの球体の中に電子機器などを入れて使うものです。ベンサス社のグラススフィアは製造する親方が一人、検査に助手一人の計二人で作っているそうです。完全な真球を、二つの半球をあわせることで作ります。合わせ目はすりガラス状になっていてグリスをぬって寸分違わず合わせます。そして加硫していないゴムで塞ぎ、テープで巻きます。誰にでも出来ることではない、職人技なのだそうです。
 これを6700メートルの耐圧テストをしてから出荷するのです。
 総重量が二十キロを超えるのだもの、重いわけです。
 
c0057167_2235503.jpg


 このブイには舫い結びで細いロープがついていました。どうやらどこかの漁師さんが浮きとして使っていたようです。
 以前にもどれも三十センチもない小さなものでしたが、オレンジ色や黒のハウジングだけは漂着していました。いつか中身の入ったのが私のところにやってこないかな、そう夢見ていたら、思いもかけず最大のブイが完品できてくれました。
 綺麗に洗ってクロロックス消毒したブイはハウジングとグラススフィアにわけて玄関に飾っています。漂着物狂の二人と一匹の住まいにはお似合いのオブジェです。




             まくら玉ふたつ    石川慎也

 襟裳岬の知人より「まくら玉」を2個いただきました(写真1、2、3)。そこで、その二つの「まくら玉」について報告します。

 まくら玉とは、ウキウキ事典(2003年)に記されているように、シリンダー型やローリングピン型で大きめの浮子のことです。PICHさんの「GLASS BALL」では、JUMBO ROLLERSとして一章をあてて紹介しています。そこで は、長さ約50cm、幅約18cmの大きさのものを「Jumbo Rolling Pins」、長さ38か40cmのものを「Medium Jumbo Roller」に分けています。また、JUMBOは、形などから「SE MOLD」 (「セ」刻印)、「NARROW COLLAR」(細いタイプ)「DOUGHNUT」(ドーナッツ型タイプ)、「DOT MOLD」(究極の完成型)の4種類に分けています。

 いただいた「まくら玉」の図1の場所を計測した値が表1です。計測値からも分かるように、中央部分の長さ(D)は、(小)の方が長く胴長な形で、(大)は、両端の部分(B、F)の比率がとても大きい形です。また、型に入れて作られたときにできるモールド線は、ともにありませんでした。重さは、(大)が4,240g、(小)が2,340gです。

c0057167_22582672.jpg


表1.まくら玉の各部位の計測表(単位はmm)
種類     全長A  B  C  D  E  F 幅G  H   I  シールJ
Jumbo (大)  520 105 69 188 66 92 198 174 173  106
Medium(中)  385 48  49 189 43 56 156 135 133  67
 長さから見て、小さい方は「Medium Jumbo Roller」と呼ばれる「まくら玉」のようです。シールの部分には、不鮮明ですが「セ」の刻印が4箇所見えます。PICHさんの本では、泡や傷のない完璧に近い浮子と書かれていますが、傷や泡(大きなものは20cm×5cm)がところどころに見えます。いただいた方の義理のお父さんが、昔からガラス浮子をたくさん集めていた方でした。ところが昨年、義父さんが亡くなり、集めた浮子を全部処分しようと思っていたところを運よくまとめていただいた物の中の一つでした。義父さんは、漁師でしたがコンブ漁のみで、網を使った漁などは行っておらず、どこからこの浮子を手に入れたか等の情報は、分からないそうです。

c0057167_22585089.jpg

c0057167_2259768.jpg


 一方、大きな方は、PICHさんの本の写真と比べると「SE MOLD」に似ています。また、多くの泡が入っているところや小さい方に比べて安っぽいガラスに見える(poor glass quality)も一致しています。しか し、肝心のシール部分には、「セ」の刻印がありません。持った感じ非常にきゃしゃな感じがして、実際に海で浮子として使用するには、かなり網掛け等をして
保護しないと、すぐに壊れそうな気がします。こちらの浮子は、町内の土建屋さんの土場(一時的な廃材置き場)に捨ててあり、知人が拾ってきてくれました。
どうも昔は網本だったお宅の納屋を解体した時の物らしいのですが、詳しいことは分かりませんでした。


 というわけで、ひょんなことから二つのまくら玉を手に入れることができました。灯台もと暗しといいますが、自分の住む町内に、まだこんなお宝が眠っていることを知りました。
[PR]
by uki-puka | 2006-06-06 22:31 | プカプカ通信 | Comments(0)

プカプカ53・June-1-2006

             浮き玉三人娘、道北ウキウキツアー
c0057167_20305965.jpg

         ウッ、苦しい・・・浮き玉と格闘するマキちゃん・天塩町にて



 今年の漂着物学会総会は、北海道のえりもで行われる予定ですが、えりもからおよそ100キロほどの帯広周辺には、中司さん、マキちゃん、ふじさんらの浮き玉三人娘が住んでいます。
 彼女たちは、2006年のゴールデンウィークにビーチコーミングツアーをしました。プカプカ53号では、中司さんから送っていただいた写真・資料をもとに、道北での様子をみなさんにお知らせします。
 仕事の都合などもあり、三人が一緒に行動できた時間はそんなに無かったようですが、この間に拾った浮き玉は尺玉3個を含め、総合計367個という驚異的な数でした。
 4月29日、帯広から羽幌まではおよそ300キロ、そして北は天塩のあたりまで脚をのばしていますから、走行距離も半端ではありません。帯広から狩勝峠を超え、富良野を抜け留萌まで走るとやっと海が見えてきます。留萌からは国道232を北上、小平町臼谷でBC。ここではウトウが10羽ほどと、ネズミイルカの部分骨格などを発見!!
 羽幌で三人は合流し、夕方サンセットビーチあたりをBC。もうここで浮き玉を10個以上ゲット!!幸先も良く夜は漂着物談義に花が咲いたことでしょう。

 5月1日、羽幌では汐見、茂築別川河口などでココヤシや浮き玉十数個をゲット。
 初山別村では浮き玉数十個のほか、ネズミイルカ背骨などをゲット。
 遠別町では、浮き玉数十個のほか、ネズミイルカほぼ一体分の骨もゲット。この町にある500円の旭温泉で暖まり、その後羽幌へ。この日はマキちゃんの誕生日!!天気が良かったら、浜辺でサプライズパーティー・・・となるはずでしたが、雨天のため中司さんの実家でのバースディーパーティーになりました。

 5月2日、朝、ふじさんが芽室に戻り、中司さんとマキちゃんとは浮き玉求めて、北へと進路を向けました。この日、遠別あたりから国道を離れ、海岸沿いの小道を走りました。川は河口部になるため、海からのゴミが入ることも多く、それも入念にチェックしました。
c0057167_20325855.jpg

             うれしい初めての大玉ゲット



 遠別町のある河口部では、中司さんが初めての大玉をゲット、尺には届きませんでしたが、9寸ほどの網がけのしてあるものでした。初めての大だまに中司さんは大喜び!!ここでも数十個の浮き玉をゲットしました。
 遠別町と天塩町とにまたがる浜里川の河口付近は、ビーチコーマーにとって天国でした。(ある意味地獄かも?)小さな川に沿ったアシ原にはゴミが重なり、その上や中にも浮き玉が。拾っても、拾っても、浮き玉がありました。こうしたゴミの山は数年前の台風による置き土産のようです。
 背の高いマキちゃんは上から辺りを見渡し、次から次へと尺玉を探し出してゲット!!その数3つ。トップページの写真は、この時のもの。今回のいちおし写真名付けて<尺玉の刑>!!私には浮き玉を三つ抱え、恍惚とした表情に見えたのですが、本人に聞いたところ、これはもう苦痛だったそうです。(嫁入り前の娘さんなので本人の許可を得て、掲載してあります)
c0057167_20285121.jpg

 ここでの戦利品は尺玉3個を含む、浮き玉100個以上。そんな浮き玉を持つマキちゃんの後ろ姿もご覧あれ。
 最後は天塩町トコツナイ川河口周辺の浜を歩きました。ここであったのはココヤシ、私たちが見た中では最北の地点で拾ったものなので、これは拾ってきました。またあちこちに「クジラベーコン」の塊が・・・。これは調査捕鯨をした後の売れない部分のようで、100キロ近い塊も転がっていました。そしてここでも浮き玉数十個ゲット!!
 トコツナイを最後に、道北ウキウキツアーは終了。天塩町にある「てしお温泉夕映」で暖まって羽幌の実家に戻りました。

 道北BCでは、色々な漂着物に出会いましたが、浮き玉を中心にトピックスをまとめてみます。
 このBCにあたっては、ペンチを持参しました。それは「いさり」と呼ばれるタコの仕掛けには針金が多く使われ、これをはずすためにペンチが必要なのです。今回は11個の浮き玉付き「いさり」をゲットしましたが、うち3個は網がけの代わりに針金で直接固定してありました。また、本体となるボード部分には割り竹やバナナフロートなどが使われていました。
c0057167_20373063.jpg

                  ☆の中に缶のような漢字


 これまでに見たことのなかったマークもたくさん見つかりました。「青」、「アサハラ」、「西谷」、秋田ガラスの別バージョン、☆の中に缶のような漢字が入っているもの、それに正方形の中にデザインされたマークなど、私たちにとってニューカマーが続々とゲットできました。

 さて、これだけ浮き玉が手に入ると、中には次のようなレア物が混じっていました。
c0057167_20383595.jpg

・透明な浮き玉のシール部分だけがきれいなコバルトブルーになったもの
・直径が40ミリの最小記録!まるでゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじです。
c0057167_20385898.jpg

・1/3ほどの水入り。
c0057167_20394262.jpg

・色違いのラインが入ったマーブル?模様。
c0057167_20402754.jpg

・スピンドル。スピンドルの多くは、吹き上げた後で、シールに使った部分のガラスが柔らかくて流れ出し、シール部分から真下に、糸状になって垂れ下がったものです。こうしたものは珍しく、ウッドさんの浮き玉のバイブルでも数例しかあげられていません。珍しい浮き玉なので、e-bayなどの海外オークションサイトでも150ドルほどで取り引きされるものです。でも、これはただのスピンドルではありませんでした。ダブルスピンドルと言って、2本のスピンドルが浮き玉の中に入っているものです。これはウッドさんやピッチさんの本でも紹介されていないもので誌上公開は世界初かもしれません。

 今回ゲットした浮き玉総計は367個、その内訳は、マキちゃん169個、ふじさん68個、中司さん118個、それに汐見の側溝にあった11個、実家近くに転がっていた1個なのです。さすが北海道、それも道北のすごさを実感しました。ただ不思議なのは球形の浮き玉ばかりで、十勝では普通に見られるシリンダー型は一つも見られませんでした。これも道北の大きな特徴でしょう。

 53号では、中司さんの写真やデータを使わせて頂きました。ありがとうございました。
[PR]
by uki-puka | 2006-06-01 20:18 | プカプカ通信 | Comments(6)