excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プカプカ-51・

  Shigeの漂着物図説・頭足類-1    林 重雄
 アオイガイ Argonauta argo
c0057167_2218307.jpg

 わたしにとって漂着物の頂点に位置するものは、何と言ってもアオイガイでした。石井先生の漂着物事典をひもといても、最初に登場するアオイガイに憧れました。
 浜歩きを始めて間もない頃は、日本海側の浜辺を歩いても歩いても見つからず、こんな貝が大量漂着するなんて本当だろうか?と疑問に思ったこともしばしばでした。
 石川県の能登半島から、福井の越前海岸・若狭の浜、丹後半島から鳥取や島根の浜まで、日本海側の浜をおよそ2年間、当時の愛車ボルボ240ワゴンに乗って走り回りました。いくつかの浜を歩き、ガラスの浮き玉はいくつか拾えたのですが、アオイガイとの出会いはありませんでした。
 そしてアオイガイとの出会いはあっけなくやってきました。忘れもしない1999年12月12日、鳥取市の賀露海岸で、カラスが群れていたので近づいたら、コガモの死体がありました。他にプラスチック浮きがいくつか打ち上がっていた満潮線に、完璧なアオイガイがありました。さすがにこの時は雄叫びが出ました。そしてあたりを探すとまだ二つあり、一気に3個を拾って夢見心地でした。
 夢にまで見たアオイガイを手に入れ、アオイガイ目になった私は、寒風吹きすさぶ中、「アオイガイ・アオイガイ」と呟きながら、あたりの浜を歩き回りました。
 そのかいあって、近くの白兎海岸では、中にカイダコの入ったモノも見つけることができましたし、全長が30ミリほどの小さなものも拾えました。アオイガイ目になると、アオイガイは見つかりますが、他のモノを見なくなってしまいます。でも、そんな中で幾つかの発見がありました。打ち上げられたアオイガイは、満潮線に留まることなく、風に吹かれて砂丘の丘を登ってブッシュに引っかかっていたり、テトラポッドの隙間に挟まっていることもあったのです。
 何度か賀露海岸へ行きましたが、ここでは他所より高い確率でアオイガイが拾えました。賀露は鳥取市にある漁港です。そして漁師さんが定置網などにかかったアオイガイの殻を海に投げ捨てたために、賀露海岸にはわりとアオイガイが漂着していたのです。
 
 アオイガイはカイダコの雌がつくり出す貝殻で、その中に卵を産み、抱えながら育てる揺りかごなのです。そして事故などで殻が割れたり、穴が空いてしまった時には、しゃもじ型の腕で直してしまいます。
 アオイガイを拾うと螺旋の中央に近い部分に黄白色の卵がブドウの房のように付着していることもあります。卵をルーペなどで観察すると、成長途中のカイダコの目が見られることもあります。

 2004年暮れには丹後半島でアオイガイの大量漂着がありました。このとき10個近い数のカイダコも入っていました。そこで私は持ち帰って、塩茹でにしてみました。味はそんなに悪くありませんでした。漂着したカイダコが小さかったせいもあって、タコと言うよりもホタルイカのような食感でした。

 2006年元旦は、福井の越前海岸でアオイガイの大量漂着がありました。満潮線をあるくと、次から次へと漂着しており、ついつい歩き過ぎて脚がつりそうになってしまいました。そこで一つ「砂丘から 汀に沿って 見渡せば 白く光るは みなアオイガイ」

c0057167_22184818.jpg

 造形家のル・コルビジェがよく使った黄金比という比率があります。これは古くから美しいと言われたもので、1:1.618の比率になっています。そしてこの比率は自然界の中に数多く見られると言われてきました。数学の教科書などでは、オウムガイの断面が示され、説明に使われていますが、はっきり言って、この比率とはかけ離れたものです。   わたしはアオイガイの縦横比がこれに近いと思い、2006年元旦に拾ったアオイガイのうち、縦横が計測できるおよそ70個を調べてみました。もちろん個体差もあるので、ほぼドンピシャの1:1.62もありましたが、個体群としては1:1.557という数値になりました。これくらいの誤差ならほぼ黄金比と言えるのでしょうが、個人的にはもう少し近いとうれしかったのに・・・惜しい結果でした。

 2006年元旦の大量漂着はその後も続き、1月7日に友人たちと越前海岸から石川県塩屋海岸あたりを歩いたところ、30個近く拾えました。この漂着は若狭方面でもあり1月15日に漂着を確認しました。1月29日塩屋海岸、2月18日福井県あわら市、3月4日福井県美浜町、3月25日越前海岸・・・と数は減っているものの漂着は続いています。

 ビーチコーミングを続けているうちに、憧れのアオイガイ大量漂着にも立ち会うことが出来ました。珍しいことではオウムガイの方が上ですが、真っ白な細工物のように薄い貝殻、そして黄金比に近い螺旋、美しさではピカ一です。漂着物の中で最も美しいのがこのアオイガイではないでしょうか?


タコブネ Argonauta hians
c0057167_2219174.jpg

 アオイガイが日本海側を中心として漂着するのに対し、タコブネは太平洋側にも漂着しています。2005年10月30日に漂着物学会総会のフィールドトリップで葉山を訪れましたが、現地で案内された方が前日に拾われたタコブネ標本を見せていただきました。その後も鎌倉周辺ではタコブネの漂着が相次ぎました。
 このように本州中部では、秋の漂着が多いようです。
 私がタコブネを拾ったのも、秋から冬にかけてでした。
 真っ白なアオイガイに対して、茶色っぽく、明度も彩度も低いタコブネはあまり目立ちません。こうしたこともタコブネの漂着例が増えない一因かも知れません。
 私が足しげく通っている越前海岸では、茶色っぽい砂が優勢で、タコブネは保護色のようになり、なかなか見つかりませんでした。
 でも、一度見つけると、大凡の漂着ポイントが分かりますので、それからは見つけやすくなりました。
 タコブネがよく見つかる場所の一つに、打ち上げ海藻の中があげられます。浜辺に打ち上げられた海藻の中から見つけだしたのは、福井の三里浜や、京都府京丹後市の琴引き浜です。琴引き浜では、やはり2004年10月16日、漂着物学会総会の朝に見つけたのですが、前日学会事務局の村上さんも近くの浜で海藻にまみれたタコブネを拾われてみます。ですから、秋の海藻打ち上げがあったら、タコブネを探してみてください。

 タコブネはアオイガイよりも殻が厚く、形も立体的で、丈夫にできています。とは言え軽いものですから、打ち上げられて乾燥すると、風にまかれて転がって行くのでしょう。そして浜辺の足跡に入り込むことがあります。浜を歩いた人の足跡がトラップになり、その中にタコブネを見つけたこともあります。

 タコブネの色は淡い茶色をしたものから、濃い茶色をしたものまで変化に富んでいます。チヂミタコブネも日本に漂着しますが、殻径が4センチほどと小さく、肋の数も多いので区別がつきます。

from Editor
 不定期発行のプカプカ通信、51号が船出しました。今回はデジタル時代に逆行し、一切デジタルカメラの写真を使わずに、点描で描いた標本画を使用しました。
 点描画は日本で最初に記載された肉食恐竜フクイラプトルの論文用に100点ほどを描き、それからしばらくは遠ざかっていたものですが、今回の漂着物で再開しました。 
 ウキを中心に始めたプカプカ通信ですが、今回は一切ウキを登場させず、「浮く」モノだから・・・と、頭足類の1を取りあげてみましたが、いかがでしょうか?ぜひ皆さんの御意見をお寄せください。また原稿も引き続き募集しておりますので(デジタル原稿・アナログ原稿どちらでも)どしどしお寄せください。
[PR]
by uki-puka | 2006-04-23 22:14 | プカプカ通信 | Comments(0)

プカプカ-50・Apr-1-2006

     漂着物を拾う会in百人浜      田中 正人

 3月12日は、襟裳岬の東側に位置する百人浜において、風の館主催「漂着物を拾う会in百人浜」でした。集った5名は、第6回漂着物学会の実行委員であり、北海道を代表する「拾い人」の重鎮の面々たち・・・?

c0057167_21353522.jpg

 3月の中旬、本州ではポカポカ陽気でタンポポ、ホトケノザやハマダイコンなどが咲
きルンルンウキウキな季節でしょうが、ここ北海道の襟裳岬は「あまい」とでも言うように、冷たい風がビュウ〜ビュウ〜・・・何しろ1年365日のうち290日が10m以上の風が吹くのですから。写真のとおり、パンパンに着込んでいるので、風で飛ばされコロコロと転がってしまいそう・・・!
 結局、この日は紹介するような拾い物はありませんでしたが、今年初めての顔合わせでもあり、とりあえず新年のあいさつ!女性3名は北海道の中でも海から遠い内陸の帯広市(小林)と隣の芽室町(中司・藤山)からの参加で地元、えりも町(石川)と隣の様似町(田中)からの仲良し5人組です。

 それぞれ拾い物に違いはありますが、大きく二つに分類?されます。一つは、「骨、臭い物系」で代表者は通称「骨姉さん」と呼ばれるNさんとKさんIさんです。もう一つは、「浮子系」で浮子や漁具を中心に拾うFさんとTです。もちろんガラス玉狙いは、全員です。

 歩き終えてから、襟裳岬にある風の館で、「第6回漂着物学会」の大まかなスケジュールなどを話し、成功に向けがっしりとスクラムを組んで気勢を上げました・・・!?・・・と言いながらも、骨が出てきて、「この馬はメスだわ」とか「家にあるのは、こっちの大きいほうの頭蓋骨だわ」等々・・・裏に入れば、とっても「コワッ!」い集まりかも・・・!

 10月14日〜15日は北海道襟裳岬で漂着物学会です。たくさんのお土産や骨?などを用意してお待ちしておりますので、ぜひいらしてください。
           
漂着玩具たち      久保 公子

 3月4日に島根県浜田市の国府海岸を歩きました。陶片収集が中心なので、どうしても広島湾中心になり、日本海側の漂着物と出会うのは、今では年に1回程度です。海岸の入口でカエル浮子が出迎えてくれました。割れていないため、口にチャックをしたような顔の、もの静かなヤツでした。オレンジ浮子も、中国の青い浮子も健在。ワラジガタアバも発見!みんな元気でいたんだね。天気が良くて抜群の海の色。でも漂着物は今一つでした。少しがっかりして歩いていると、仮面ライダーが1匹落ちていました。バラバラのパーツになった仮面ライダーは、変わった虫の死骸か、甲殻類の殻のようです。
c0057167_2139397.jpg

 私は漂着、落し物に関わらず、海岸の小玩具を拾わずにはいられない習性を持っています。色褪せた小さなプラスチックのヒーロー、石灰分の付着した玩具の自動車、消しゴムみたいな恐竜、レゴ人形に、色とりどりの小さなボール・・・ビーチコーミングと結びつくと、楽しい妄想の種になり、集めて瓶にでも詰めてみるとインテリアとしても良いものです。(これは家族に反対意見あり)以前、キカイダーに似た風化した頭部を拾いましたが、懐かしいこのヒーロー、再放送でもあったのか、それとも30年以上前の玩具なのか、もしかしたら海の向こうでキカイダーに似たヒーローが活躍していたのか、最近の日本の玩具らしくない、青一色のシンプルな作りがおもしろいです。これだけは別にして小瓶に入れ、ホルマリン漬けの雰囲気で飾っています。
c0057167_21401389.jpg

 一方、ライター・プロジェクトでも、朝鮮半島の漂着物が特に多いと判明した島根県の海岸だけあって、韓国の漂着玩具も自然と集まりました。プラスチック製の100ウォン硬貨、ハングル入りブロック、ブタの貯金箱は大きなものばかりでなく、掌に乗る可愛いサイズのものもあります。MADE IN KOREA と、タイヤの一つ一つに記された玩具の自動車。
c0057167_21422985.jpg

 メルセデス・ベンツの笛も拾いました。これは先端がバスケット・ボールの形をしていて、ハングル入りです。何かの記念品だったのでしょうか。「漂着物事典」に出てくる塩化ビニール製メンコは10年近く前、漂着物を拾い始めた頃に1つ拾っています。   
c0057167_21425626.jpg

 韓国のプラスチックコマは赤、緑、ピンク、黄色・・・様々な色をしていて、大きさもデザインも似たものがたくさん流れてきていました。外側に同心円状の筋があり、芯の部分は鉄製です。表面にシールが張ってあるものと、ハングル文字が浮き彫りになっているものがありました。私は浮き彫りタイプが好きです。少なくとも1990年代後半、韓国の子供達はコマでよく遊んだようです。最近もこのタイプのコマが漂着するのかどうか、日本海側を歩くことが少なくなったため判りません。漂着玩具のコレクション、以前はもう少したくさん集めていましたが、一度整理してしまい、今残っているのはごく僅かです。

   全国浮き玉漂着アンケートをもとに   林 重雄
 
 プカプカ通信42号でみなさんにお願いした、浮き玉漂着アンケートの結果をお知らせします。今回は2001年以降にみなさんが拾われた漂着浮き玉に関するものです。
 拾われた日時と海岸を集計した、膨大な細かいデータを送っていただいた中司さんもみえますが、簡略に生データをまとめさせて頂きました。全国からの浮き玉情報は北から南に列記してみました。この中には頂いたアンケート回答の他に、HP、プカプカで発表されたものなどが含まれています。

◆北海道
 ◎北海道・石狩浜を中心に歩かれている鈴木さんは、2002年から2005年の間に、5個の浮き玉(10cm以下)を拾われました。
 ◎北海道・芽室の中司さんは、羽幌、そして十勝、えりもあたりで2003年から2005年夏の間に10cm以下およそ120個、11〜20cmおよそ10個、シリンダーおよそ10個を拾われました。
 ◎中司さんと小林さんは、2005年9月10日、浦幌で合計105個の浮き玉を拾われました。そのうちシリンダーは2,約30cmの尺玉が1個でした。
 ◎中司さん、小林さん、それに久野さんの3人で、2005年10月16日に浦幌海岸を歩き、浮き玉17個を拾われました。そのうち7個はシリンダーでした。
 ◎北海道・えりもの石川さんは百人浜を中心に、2002年から2005年の間に数百個の浮き玉を拾われました。(細かなデータはありませんが、シリンダーも数多くありました。)
 ◎北海道・様似の田中さんも2002年から2005年の間に数百個の浮き玉を拾われました。その多くは、浮き玉小屋に格納してありました。

◆本州・東北
 ◎青森県むつ市の川崎さんは、2003年10月12日に尻労浜で40個ほどの浮き玉を拾われました。そのうち10個ほどはシリンダーでした。
 ◎仙台市の林さんは、蒲生海岸で2005年7月31日に直径85ミリの浮き玉をひろわれました。林さんは2000年から2002年にかけ、知床にみえましたが、そこでも浮き玉をいくつか拾われています。(残念ながら細かなデータはありません。)
◆本州・関東
 ◎鎌倉のエマさんは、2005年3月9日に材木座海岸で直径28cmの浮き玉を拾われました。

◆本州・中部
 ◎愛知県豊橋の牧野さんは2004年9月26日に渥美町堀切で直径6cmほどの浮き玉を拾われています。
 ◎愛知県春日井の林は、2001年から2005年にかけて、渥美半島でおよそ10個の浮き玉を拾っています。(うちシリンダー1)
 ◎愛知県春日井の林は福井県越前海岸周辺で、2001年から2005年にかけておよそ190個の浮き玉を拾っています。(うち、シリンダー1、尺玉3)
 ◎愛知県春日井の林は福井県高浜市(若狭)で5個の浮き玉を拾っています。
 
◆本州・近畿・山陰
 ◎愛知県春日井の林は2002年から2004年の間に京都丹後半島でおよそ10個の浮き玉を拾っています。
 ◎愛知県春日井の林は2000年に鳥取県白兎海岸周辺で5個の浮き玉を拾っています。

◆四国
 ◎徳島県の池渕さんは2004年10月14日に鹿の首で、2個の浮き玉を拾われました。

◆九州
 ◎2004年4月、京都府・丹後半島の浜詰で、石井先生が韓国のガラス玉を一つ拾われました。そのとき先生は大喜びされ、「地元では、ここ数年浮き玉を見かけなくなった」と言われました。(漂着例ではありませんが、参考に)

◆沖縄諸島
 ◎沖縄本島の山城さんは2004年3月5日に西表島北岸海岸で尺玉を拾われました。
 ◎沖縄県石垣島の金子夫妻は、2003年一年間で、34個の浮き玉を拾われました。そのうち尺玉は2個、シリンダーは6個でした。(金子夫妻のHPより)
 ◎沖縄県与那国島の久野さんは2003年から2005年夏までの間におよそ50個の浮き玉を拾われ、その中にはシリンダー2,20cm以上の大玉が二つ含まれています。
 
 以上が今回集まったデータです。これにはビーチコーミングの回数から換算した出現率は一切考慮に入れていませんが、おおよその目安にはなるのでしょう。この中で浜歩きの顕著に多いのは、北海道の石川さん、田中さん、鎌倉のエマさんらで、年間に50日以上フィールドを歩かれている思います。中司さん、久野さん、林は年間に20〜30日ほどだと思います。

 北海道・東北では、いまだに浮き玉を漁に使うところも多く、2005年9月のウキウキ研修会では、漁師さんの浮き玉置き場や、漁具の補修をする場面で、数多くの浮き玉を見かけました。こうした地域では、網を離れる浮き玉や、浮子綱付きの浮き玉も多く、年間を通して浮き玉が拾えることが分かりました。この地域に漂着する浮き玉は日本製が優勢です。韓国製や台湾・中国製のものは、そんなに多くないでしょう。

 関東以南の本州・四国の太平洋側では、希に浮き玉の漂着が確認されていますが、やはり数は少なく、見つけることができたら幸運でしょう。

 本州中部から山陰にかけての日本海側では、晩秋から冬季にかけて、数は少ないものの、普通に浮き玉が漂着します。この地域の浮き玉は、韓国製が優勢で、日本製は少ないようです。

 九州北部では、浮き玉の漂着が希のようです。

 沖縄諸島では、周りを海に囲まれているせいか、年間を通して、少数ですが、浮き玉は漂着しているようです。この地域の浮き玉も日本製が優勢ですが、台湾や中国製のものが次にあげられるようです。

from Editor
 2002年4月にプカプカ通信を発行し始めて、はや4年が経ちました。この間、皆様から頂いた原稿をはじめウキや漁具を中心とする漂着物のニュースレターとして、この50号まで毎月定期的に発行してきました。
 当初は、何も分からずに始めたのですが、徐々にデータにもなり、学会誌などでの引用文献にも使われるようになってきました。
 ウキに関する知識を共有し、情報交換するためにはじめたプカプカ通信ですが、ウキや沈子、漁具に関する内容だけでなく、漂着物全般へと範囲が広がってきました。(漁具に関するネタが尽きてきたこともあります)

 インターネットの普及に伴い、プカプカ通信では、昨年からインターネット上でも見られるようにウエブ版も用意しており、これは2004年9月号よりバックナンバーが閲覧できるようになっています。
 インターネットで閲覧ができる方も多数みえましたので、紙でのニュースレター発行は中止しようかと思っていましたが、紙での発行を強く望まれる方もみえますので、しばらく続けようと思います。ただ、51号からは毎月の定期発行ではなく不定期にさせていただきますのでよろしくお願いします。
[PR]
by uki-puka | 2006-04-01 00:00 | プカプカ通信 | Comments(0)