excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プカプカ38 2005年4月1日

      野球ボールに付着していたマガキ    田中利雄

 昨年(2004)の9月に、林重雄氏、牧野伸一氏と一緒に、愛知県渥美町の伊良湖岬に行きました。灯台の手前の大駐車場で落ち合い、すぐそばの恋路ヶ浜を歩きました。牧野さんが、やや大きなモダマを伊良湖岬で初めて拾いました。またギンカクラゲ、モモタマナなども拾いました。この時のことは、僕のHP「海岸動物拾い歩き記 51」に、カラー写真入りで載せました。
 その時、野球ボールを拾った人がいました。写真のボールです。そのボールには、次の写真のように、二枚貝のマガキが着いていました。殻が剥がれた跡も幾つか有ります。「これ、何だ?」と聞かれ、「マガキだよ」と答えたのですが、納得してもらえませんでした。「ちゃんと調べてね」と言われたのです。
 名古屋貝類談話会の会員に、とても詳しい人がいますので、このほど、やっと今年2月の例会にそのボールを持参して鑑定してもらいました。
 「浮いていたのだから、マガキでしょうね。でも、カキ類は形に変化が大きいからねえ。例えば、カキツバタというカキは、どれも形が違っていますよね」というコメントを頂きました。
 貝類の成体と幼体では、かなり違っているものがあります。長細い二枚貝のシロウリガイは、幼時には、あまり長くありません。同じ貝だとは思えないほどです。これを変態すると言っている人もいるほどです。
 でして、カキ類も同定の難しいグループの一つです。
c0057167_2153677.jpg

         野球ボールに付着したマガキ(田中原図)

Japanese Oysters on baseball
Along the Atsumi Peninsula in Aichi, a baseball was found on the shore in September 2004. Oysters were attached to its surface. When investigated, they were found to be Japanese Oysters. As oysters grow, they change shape, which makes determining their species difficult.

translation: Emma Longhorn



        ウキに付着する生物たち   林 重雄

 田中先生から、野球ボールに付着していたマガキの原稿を頂きましたので、漂着ウキに付着する生物について少し調べてみました。
 基本的に、漂着ウキは浮力があるので、海面を漂います。ウキが実際に使われている時には、漁網といっしょに漁師さんによって、手入れもされますので、付着物はあまり付きそうにもありません。もちろん、刺し網に使われる場合には、海中に沈みますので、付着する生物も違ってくるでしょう。
 漂着ウキは、長期間海面に浮かんでおり、その時に生物が付着するものと思われます。
 2004年12月から2005年1月にかけて撮影した、漂着物の写真の中から、ウキが写っているものを選び、付着生物の種類を調べてみました。
 おおよその識別ができる、付着生物がついたウキは27個でした。
c0057167_20295579.jpg
 
             エボシガイの付着したガラス玉 直径7.5cm
   
c0057167_20301327.jpg
 
             コケムシの付着したガラス玉 直径7.5cm 

c0057167_20313069.jpg
         ムラサキイガイ・アカフジツボの付着した貫通ウキ 直径は約30cm

c0057167_20321247.jpg

 アカフジツボ・ヤッコカンザシ・コケムシ・ムラサキイガイ・エボシガイの付着したプラウキ直径15cm

 付着生物には、エボシガイ70%、フジツボ18%、コケムシ15%、ムラサキイガイ15%、ヤッコカンザシ7%、海藻3%、石灰藻3%がありました。パーセントを出すのに27という数は、あまりにも少ないのですが、おおよその目安と言うことで、お許しください。
 このパーセントは付着物全てで出しましたので、もちろん重複しています。最も付着物の多かったウキは、朱色のカエルウキで、直径15cmほどのウキに、エボシガイ、アカフジツボ、ヤッコカンザシ、コケムシ、ムラサキイガイが付着していました。また直径が9cmほどのガラスの浮き玉には、ヤッコカンザシ、フジツボ、エボシガイが付着していました。
 単一の付着物では、エボシガイが最も多く、13個のウキに付着していました。
 海藻類の付着は、もっと多いのかも知れませんが、漂着ウキでは、飛砂などによって、表面が磨かれますので、外れている可能性もありますし、逆に漂っていた海藻が表面に貼り付くこともあります。ただ海藻の識別は難しいので、そこまで突っ込めません。

 私たち、ビーチコーマーは、経験的にエボシガイやフジツボなどの付着が多いのを知っていますが、前に示したパーセンテージは、ある程度納得できるものではないのでしょうか。もちろん、ウキから付着物を採集していませんので、実際に採集をはじめたら、もっと多くの付着生物が判明することでしょう。そして、ウキのような海面に浮いて漂流する漂着物に、付着して関わる生物のニッチェも面白いと思います。
 そうは言っても、私など、ウキを拾ってくると、水に漬け、乾いた生物を柔らかくした後に、しっかりそぎ取って、ウキをクリーニングしてしまいます。こうした生物が付着したままだと、ウキが臭くて臭くてたまりません。
c0057167_20331269.jpg

    ナミマガシワモドキ、オオヘビガイの付着したプラウキ 直径約30cm
 
c0057167_2036719.jpg

            サンゴの付着したプラウキ 直径約30cm 

 さて、このデータ以外の付着生物も紹介します。2月に石川県の片野海岸に漂着していたプラスチックウキには、オオヘビガイとナミマガシワモドキの漂着がありました。ナミマガシワモドキは、ガラスの浮き玉に付着していた例もあります。あと愛知県渥美半島赤羽根サーフポイントで、昨年の夏に、プラスチックウキに付着したサンゴの漂着もありました。金子夫妻のHP「海辺の標本箱」には、ガラスの浮き玉に付着したサンゴもありますね。こちらもごらんください。

Marine organisms on floats
Various organisms are found attached to glass balls and plastic floats. When a sample of 27 floats collected between December 2004 and January 2005 was investigated, the percentages of floats carrying organisms were: Gooseneck barnacles 70%, barnacles 18%, bryozoans 15%, common mussel 15%, tube worm 7%, calcareous algae 3%, and other algae 3%. In addition to these data, corals, and other types of mollusk have been recorded on floats.

translation: Emma Longhorn



                 全国ウキ情報
 春一番も吹き荒れ、花粉が飛び交ってきました。今年の冬は、思いのほか寒く、雪も多かったきがします。そのために北陸道のチェーン規制が頻繁に出たために、越前海岸へ通うはずが、渥美半島に変更になることが多かったのです。そのために浮き玉との出会いが減りましたが、パンギノキといった珍しい種子との出会いもありました。

 与那国島のユキさんからは、こんな情報が!
 こんばんわ林さん!お久しぶりです。そうそうウキウキのホームページとても綺麗で見やすいです!見出しの可愛い3つの浮子そして内容は勿論!これからもよろしくお願いします。何時も気に留めていただいて有難うございます!
 この頃天気が崩れやすく寒かったり暑かったりで付いて行けません。
 浜はさっぱり、でも遂に遂に2月14日に7センチのガラス浮子、そしてなんと21日にシリンダー型の浮子を!もー今年はだめかなーと、しょげてたんですけど急に元気になりました!21日にシリンダー型の浮子にそっくりの(たぶん手作り)赤い電球を拾いました大きさもほぼ同じです。いったい何に使うものなのでしょうか?気になります!そうそう21日には、前日の満潮線の上を歩いた、どなたかの足跡のなかに、ずうっと海あめんぼうが入ってました。あんなにたくさんの、海あめんぼうは、見たことがありません。

 北海道・様似の田中さんからは、こんな情報が!
 天は、今年も我を見捨てなかったようです。1月22日に買い物があったので、静内に出かけました。ところが隣の浦河からぜんぜん雪がありませんでした。
 三石に入ってすぐの海岸沿いを眺めながら車を走らせると、キラッと光る網がけの浮子のような物が2−3個目に入りました。でもここは、国道沿いの浜、私が車から見えたということは、皆も見てる。ちょっと迷いながら、数百m離れた駐車場から浜に下りました。なるべく車の死角になるように歩き確かめると、やはりガラス玉の大2個でした。
いち早く持ち帰ろうと引っ張ると、ぼんでん旗やロープなどで、引っ張れません。ザッ
クからいつものナイフを・・・ない。
 結局車に戻りナイフを持ってまた挑戦。1個づつ切り離して、袋に入れて、見つからないように、車に入れることができました。

from editor
 前号でお知らせしたように、プカプカ通信も、インターネットで見られるようになりました。     http://ukipuka.exblog.jp/   
 このホームページでは、プカプカ通信の主な記事のテキスト・写真がカラーで御覧になれます。また3月からは発行のつど、ページもアップしています。
 また3月から、「全国ウキ情報」のコーナーができました。ここにはタイトルだけしかありませんので、ページ右下にある『comment』をクリックしていただけば、身近なウキ・漂着物情報を書き込んでいただけます。ここではテキストだけしか表示できませんが、皆さんの活用をおねがいします。私宛に写真などを、添付ファイルで送っていただければ、このページのヘッドに使わせていただきます。
 インターネット環境が整っていて、紙による通信が不要な方は、申し出てください。
 アナログ派の方もみえますので、今年度も紙による通信も発行します。今年度も引き続き、送付を希望される方は、通信費(80円切手12枚)の送付をお願いします。

プカプカ38 2005年4月1日
[PR]
by uki-puka | 2005-04-01 00:01 | プカプカ通信 | Comments(0)