excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 3 )

プカプカ通信・107  Aug-1-2011

            中津の爺さん逝く   田中正人

 先日(6月26日)、中津の爺(中津弘)さんがお亡くなりになりました80歳でした。
 青いツナギにぶ厚いメガネ、そして最近なかなか見られなくなった、おっさん自転車がトレードマークでした。
c0057167_1711177.jpg

 中津の爺さんを知ったのは何時の事だろうか?・・・この北海道の田舎町様似町わずか5千人の人口ですから、「アンモナイトのうるさい爺」ったら、誰もが知っていました。
 じゃあ~親しくしゃべるようになったのは?・・・今から14年前、アポイ岳で大盗掘事件があり、登山道整備のボランティアを募集した時に、参加した中にいたのが爺でした。当時66歳だったのですね~・・・とにかくボラティア好きだったようですが、やりすぎて、口出ししすぎて、嫌われてもいました。その後、早稲田大学が爺のアンモナイトを研究したいと言うことで、作業の手伝いをしたこともありましたね~・・・!
  回りの職場の人達も、爺が来たらあっち向いて知らん顔をしていましたが、変わり者が大好きな私は、嫌がらずに、しつこい話を聞いて、「はいはい、なるほど、それからどした」などと相槌を打ち、爺の機嫌をとっていました。
 そして、爺の採取した貝を元に「日高東部の貝コレクション展」の開催や「漂着物学会えりも大会」の参加や「北海道大漂着物展」などなどに協力をいただきました。
c0057167_17114692.jpg

会うたびに、「俺具合悪いんだ」などといい、ふらふらしながら「浜で貝拾ってきた」と・・・めちゃめちゃ貝が好きだったんですね~・・・
 「また、うるさい爺が来た~」と笑いながら本人に向って言っていましたが、1ヶ月ほど姿を見せなかった時。「最近、爺来ないな~」と言っていた1週間後に訃報が入りました。
 ご冥福をお祈りいたします。

c0057167_1710713.jpg

From Editor: わたしと中津さんとの 出会いは、北海道様似のアポイ山荘で開かれたウキウキ研修会の網がけ講座でした。様似の田中さんは「うるさい爺」といつも呼んで見えましたが、網がけやら、貝展などさまざまな場所で、中津さんを引き立ててみえました。貝が好きで、化石が好きで、アンモナイトが好きで・・・いつも自転車で様似周辺を遊び歩いている姿に、自分を見ておられたのかもしれません。


       東北から流れてきたと思われる獅子頭  中司光子

 7月7日(木)、芽室町民歩く会の海岸浴とビーチコーミングを楽しむバスツアーに案内人を頼まれ、同行しました。
 そのときに同乗した北海道新聞社のすずらん通信員で私と一緒に最後尾を歩いていた方が、十勝太の海岸で獅子頭を見つけました。サイズは20×20×23センチくらい。手に持って舞う大きさです。 歩いた7キロ強の砂浜には点々と、東北地方の港の名が入った浮子や、冷蔵庫、磯舟、敷居や梁などの建物の木材部分が漂着していました。エボシガイやカルエ ボシが付いた物が多く、獅子頭にもカルエボシが付き、漁網の一部が絡んでいました。これらは震災地から流失したと思われます。 この獅子頭が北海道新聞の13日朝刊とかち版に、また14日の岩手日報や東奥日報などにも掲載されました。 持ち主や関係者が分かれば、あるべき所へ返したいです。両耳が取れ、あちこち傷をおった獅子頭ですが、顔ははっきりしていますので…。東北地方からの情報をお待ちしています!

7月14日 岩手日報の記事
c0057167_17125774.jpg



           夏の渥美半島  はやししげお

 梅雨明けの渥美半島に行ってきました。2010年は、カツオノカンムリをはじめ、ルリガイ、アサガオガイ、オキナガレガニといった海面で生活する連中が押し寄せ、忙しかったのですが、今年は暇・・・。そうです、カツオノエボシが揚がり始めたのは、7月中旬を過ぎてからという、記録的な遅さでした。そんなわけで6月からずっと通っても、振られてばかり。やっとオレが出会えたのは、7月16日でした。
c0057167_171528.jpg

 伊良湖岬の恋路ヶ浜一帯、およそ800メートルほどの砂浜で漂着数を調べたところ、満潮汀線に沿って、カツオノエボシ21個体の漂着を確認しました。このとき、同時に漂着したと思われるモノには、多量のエボシガイが付着した漂着物、コウイカの甲28、といった黒潮が南方から運び込むモノが混じっていました。
 さて、堀切には、小さなクリーク沿いにハマボウの群落があり、毎年この時季になれば、黄色の花を咲かせて、私たちを楽しませてくれています。
c0057167_17153718.jpg

 7月16日、朝方は霧も出て、伊良湖岬東方にある山から,冷気となって降りてきたり、ショアブレイクによってできたソルトスプレイも浜辺を被い、夏とは思えない風景に出会えました。それでも9時過ぎになると、霧も晴れ、堀切のハマボウ群生地に着いたころには、ご覧のような真っ青な空が顔を出し、黄色いハマボウの引き立て役にまわっていました。
From Editor:みなさま、8月に入り本格的に夏になってきました。暑中お見舞い申し上げます。この時季、日中はビーチコーミングなどしていられません。半端な暑さではないですからね。ご自愛され、夏を乗り切ってくださいね。プカプカでは原稿を募集していますので、出かけられない夏にでも、ぜひよろしく!(笑)
[PR]
by uki-puka | 2011-08-01 00:00 | Comments(0)

プカプカ74・ Feb-20-2008

     沖縄本部半島のベトナム浮子     鈴木明彦

2008年1月上旬、沖縄本島に行ってきました。小学生の娘の卒業記念として、美ら海水族館やパイナップル園等を見学した典型的な観光旅行です。しかし、本部半島のドライブの折には、思わずビーチコーミングをしてしまいました。その時に見つけたベトナム浮子2種について紹介します。
本部半島は、沖縄本島北部から東シナ海に突き出した半島です。名護市に宿泊して、レンタカーで本部半島一周をドライブしました。屋我地島、古宇利島、瀬底島も本部半島とつながっていますので、陸路でこれらの島へも行くことができます(地図参照)。
c0057167_02895.jpg

屋我地島の北側に位置する運天海岸は、漂着物の多い砂浜でした。ここでは、貝殻やサンゴが目につきましたが、漂着種子ではミフクラギ(写真1)
c0057167_03483.jpg
やサキシマスオウノキ(写真2)
c0057167_033422.jpg
を見つけました。人工物では中国の漂着物に加えて、ベトナム浮子(写真3)
c0057167_03523.jpg
を見つけました。濃い黄色で、二枚貝(イタヤガイ?)の図柄と「CON SO 」の陽刻がありました。裏には「VU-TU」の陽刻がありました。
瀬底島の瀬底海岸は、きれいなビーチとして人気がある場所です。ここでは黄色のベトナム浮子(写真4)
c0057167_043416.jpg
を拾いました。表には「DA NANG」、裏には「TAN HOA」 の陽刻がありました。
数年前には瀬底島にある琉球大学臨海実験所でフィールド調査を行ったこともあり、自然に恵まれた良い島です。しかし、現在大型リゾートホテルが建設中で、ビーチに隣接する駐車場も使えません。海浜砂丘も破壊されて、海浜植物も貧弱になり、ずいぶん景観が違ってきました。すばらしい海岸地形をどうして破壊してしまうのか理解に苦しみますが、ここでもまずは開発優先なのでしょうか。


  福山市鞆、架橋計画による埋立予定地の堆積物 久保公子

2006年の夏から1年半、私は福山市鞆の干潟で古い陶磁器片を拾ってきました。鞆の干潟には江戸時代の港湾施設、焚場の遺構があります。フナクイムシ等の害を防ぐため木造船の船底を焼いて乾燥させた場所で、船の修理もしていたそうです。私が拾っているのは、その焚場の残る干潟の東側で、架橋計画による埋立予定地となっています。ここは焚場の範囲を調べるための調査で掘られたことがあり、遺構はありませんが、数メートルものゴミの堆積が確認されたそうです。毎回訪れるたびに、古い陶片やガラス片、漁具などを拾うことができます。これまで16回訪れて、陶片は1400個以上拾いましたが、そのうち遺構と同じ江戸時代や、それよりも古い時代の陶片は318個になります。(2008年1月現在)保存状態の悪い小さなものが多いのですが、私の歩いた広島の海岸や川の中では特に多い場所です。また戦前~昭和30年代くらいまでのガラス製容器の破片や、石蹴りやおはじきなどのガラス製玩具多数、そして陶製、石製、ガラス製の漁具も拾ってきました。
c0057167_0122077.jpg

 鞆の干潟で見つかる漁具で圧倒的に多いのが陶製沈子です。長さはだいたい4.5センチ程度、幅は1.5センチ程度の素焼きの小さなものが多く、これは割れていない状態で幾らでも見つかります。それよりも大きなタイプもよく見つかりますが、島根県浜田市の海岸あたりでは無傷のモノがよく出てくるのに対して、なぜかここでは割れたものばかり見つかります。これらはたいてい素焼きではなく、表面に茶色の釉薬が掛かっています。
c0057167_054172.jpg

 石製の沈子も二つ拾っています。平たい自然石に穴を開けたもので、瀬戸内海独特の形だそうです。どちらも小さいタイプで、2006年9月に拾ったものは620グラム、そして去年12月に拾った沈子は僅か70グラムでした。こちらは手の中に隠れる大きさです。同じタイプの石製沈子は福山市走島でも拾っていて、こちらは320グラムでした。倉橋歴史民俗資料館には、私など両手で持っても重たいのではないかと思えるような大きなものがありましたので、さまざまなサイズがあったようです。
 肝心の浮子ですが、ガラス浮子のほとんど拾えない広島で、去年12月にヘソ部分を見つけました。ヘソ部分も少し欠けていますが、刻印は無いようです。鞆では二つ目ですが、広島の他の場所からはまだ一度も拾っていません。ヘソだけが2つ出てくるというのがなんとも思わせぶりで、いつか鞆から完品のガラス浮子を拾いたいと願っています。

 鞆の干潟は埋め立てに向けての準備が進んでいるようです。埋め立て案では、焚場の大部分を残すと言っていますが、遺跡だけを切り取った保存では、失われるものが多いです。養浜などと言って、新しく干潟を作るそうですが、干潟に眠る歴史まで再生することはできないでしょう。埋め立てをしなければ、この先も数百年間の鞆の暮らしの破片が出てきます。中国の貿易陶磁も出ていますから、もっと古いものが出る可能性もあります。胸の痛む思いです。

北大総合博物館の展示ウキ     はやししげお・藤山恵子

 1月14日、札幌の山崎さんから漂着物学会メーリングリストを通じて、北大総合博物館で珍しい形をしたガラスの浮き玉が展示されていることを知りました。
 メーリングリストによれば、その浮きの概要は下記のようなものでした。
 現在開催中の北海道大学総合博物館の水産学部関連の展示で 楕円形(湯たんぽのような形、長径10cmほど)のガラス製 浮きが展示されています。漂着したものではありませんが。  ラベルには「札幌産」となっていて展示品のラベルには「北海道帝国大学水産専門部」 のラベルが付いていますので,1935年以前に収集されたもので す。

 湯たんぽのような形ということで、平っぺたいのだろうか、なみなみがあるのか?と、いろいろ想像をたくましくしていました。

 1月30日、札幌に行かれた芽室の藤山さんからメールと写真が届きました。
 写真を見ると、湯たんぽのように扁平ではなく、球が卵のように伸び、長球形になった気がしました。
 そのことを藤山さんに聞いてみたら、その返事は「そうです、そんな感じです ケースの上からでハッキリしませんが1番とがった先 がヘソみたいです」とありました。
c0057167_085880.jpg

 藤山さんから送ってもらった写真がこれです。先がやや尖りぎみの長球型、分かりやすく言えば、ラグビーボールを縮め、丸っこくしたものですね。ネットを使った網がけや浮子綱からは、当時の漁具の様子がわかりますね。
 こうした形状の浮きはヨーロッパのガラス浮きによく見られるもので、1935年以前に収集されたものと聞くと、納得できるものです。
 アメリカの浮き玉マニア、ピッチさんの本では、これをPear Floatと、呼んでいます。

Editor's note
 2月も立春を過ぎましたが、寒い日が続いていますね。関東での大雪、それに私のフィールド越前海岸でも、浜辺が雪で真っ白になると言う異常事態が発生!これはもう久しぶりで、北海道に行った気分でしたよ。
 砂丘から波打ち際まで、ふだんは冬でもほとんど積もらない浜辺が真っ白になり、砂が見えるのは波が洗った所だけでしたから。もちろん漂着物は何も拾えずじまいでした。
[PR]
by uki-puka | 2008-02-20 17:23 | Comments(0)

ウキウキ研究会総会2005

 漂着物学会総会にあわせた、ウキウキ研究会総会が、今年も無事終わりました。参加された皆様、おつかれさまでした。
c0057167_20152088.jpg
 28日、金曜の夜、前夜祭に横浜では10人が参加し、居酒屋で乾杯!皆さんがお土産交換に夢中になっているところに、フジツボ娘のウララさんが登場。やはりピアスと髪飾りはチシマフジツボでした。みんなそれらにうっとり。持参されたカメフジツボの帯留めには羨望のまなざしが・・・。最後に参加された大上さんはビーチコーミングならぬ「ビアカーミング」を連発。山田さんの持参された銀化の小瓶、無酸素と海水によって起きる・・・といった興味深いお話が聞けました。二次会では豚の耳を舐めながら、ちびりちびり・・・。横浜の夜は、エマさんと山田さんのおせわになりました。



 29日は海洋大学で発表。ウキウキ会員では、鈴木さん、ケマさん、エマさんの三人のポスターセッションや一升展示がありました。
c0057167_20335375.jpg
 鈴木さんのポスター!!やはりアカデミックで、レイアウトも素晴らしい。

c0057167_20341013.jpg
 目立つ!!エマさんのポスター!!これならどこのPOPにも使えます。これは海洋大学の門に掲示してほしかったね。

c0057167_20342389.jpg
 独特のケマワールドです。魚を描いた流木片も味わい深く、プラスチックの選び方もさすが、こうしてみると、ここにあるプラスチック製品、人の入口から出口まで、色々な部分と関連が深いのが分かります。さすがケマさん。


c0057167_20445677.jpg
 葉山のしおさい博物館を見学の後、すぐしたの浜でビーチコーミングをしました。驚いたのはタコブネの漂着。昨年は丹後でもありましたが、神奈川でも・・・さて来年の北海道はいかに??


c0057167_20472950.jpg
 葉山だけでは満足できなかった有志は、イザ鎌倉へ二次会に出かけました。絵馬さんの案内で材木座海岸から由比ヶ浜までおよそ2kmを2時間かけて歩き、大満足でした。
[PR]
by uki-puka | 2005-10-31 20:52 | Comments(0)