excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プカプカ78・Jul-20-2008

          今も使用されるガラス浮き-積丹半島- 藤山恵子

 魚介類が大好きな私。6月から北海道はウニ漁が解禁になります。家族のリクエストもあって、魚介類の宝庫・積丹半島に小旅行に出かけてきました。
 宿泊先の民宿の目の前には、余別漁港があったので時間を見つけて散策してみました。
 漁港に入ってすぐ目に付いたのは、大きな魚網とそれに付けられたガラス浮きでした。
c0057167_2144182.jpg

                 <画像1>刺網全体の写真

 網は長方形で、長い辺の方の一方に直径12cmくらいのガラス浮きが約1.5m間隔で付けられています。端のほうは同様の大きさのプラ浮きになっていますが、ほとんどはガラス浮きです。
 ガラス浮きの陽刻を可能な限り確認しましたが、ほとんどは無印。ごくたまに川口の陽刻が見られました。ウキの付けられているのと反対の長い辺には、焼き物の沈子がついていました。

 こういう刺網の仕掛けを、じっくり見たのは初めてだったので、何の網なのか民宿のご主人に確認してみました。
 すると春行われる鰊漁の刺し投網との事でした。今年の北海道の鰊漁は大量だったそうで、この網も沢山の鰊を水揚げしたんでしょうね。

 漁港の敷地には、来年鰊が来るのを待っている刺網が沢山待機中でした。
c0057167_21451255.jpg

            <画像2>刺網についていたガラス浮き 
    
c0057167_21452764.jpg

              <画像3>刺網についていた沈子

 プラスチック製の浮きに、すっかり追いやられてしまっている感があるガラス浮きですが、こうやって現役で大切に使われているものを見るのはうれしいです。
 最近の北海道はサミット効果かエコが盛んに訴えられていますが、こういうのもエコですよね。ガラスの浮き玉、まだまだ復活していただきたいものです。

c0057167_21455856.jpg

                <画像4>待機する刺網     
     
 余別港はかなりひっそりした印象で、特に度重なる重油代高騰で、集魚灯を吊るしたイカ釣り漁船が休業しているのは、寂しい風景に拍車をかけているようでした。
 海に行くのに自家用車を使用する私には、ガソリン代高騰はとても痛い問題で他人事ではありません。
 毎回ドキドキしながら給油しています…。
 ちなみに民宿の夕食は、新鮮なウニ等の魚介類をたっぷりいただきました。
c0057167_21463175.jpg

             <画像5>集魚灯をつけたイカ釣り漁船 
  
c0057167_21465485.jpg

                 <画像6>夕食のお刺身 

 from Editor 
 余別漁港は、積丹半島の頭部に位置し、日本海に臨み付近の海岸の高さが100m前後の海食崖が発達する、ニセコ積丹小樽海岸国定公園にあります。この漁港の水揚げの多くはホッケで、平成18年度の統計では80パーセント近くになっていました。
 またこのあたりは小樽から60キロ圏内ですので、道外に住むわたしたちが北海道旅行の際にも行きやすい場所ですね。
 昨年秋、小林さん、中司さんの案内で、ウキウキ研修会の後にわたしも積丹半島にあしをのばしました。あたりにはロウソク岩とか、珍しい景観もあり良い所でした。


      漂着物学会総会伊良湖大会に向けて  はやししげお 

 今年は秋の漂着物学会総会が、愛知県にある渥美半島で10月25~26日に開かれます。
 詳しくは漂着物学会機関紙・どんぶらこや漂着物学会のウェブページに紹介されていますので、簡単にまとめてみます。
 10月25日・午前:総会、午後:基調講演、研究発表(赤羽根文化会館)
      その後会場を伊良湖岬に移動して伊良湖ホテルにて、いつもの交流会
 10月26日・午前:ビーチコーミング、閉会・・・と、こんな流れになっています。
c0057167_2150162.jpg

             交流会会場の伊良湖ホテル

 研究発表者の募集もまだ行っていますので、ぜひ事務局までお問い合わせください。今回は、地元ということで、わたしも久しぶりにやらせていただくつもりです。みなさまも何かあればぜひどうぞ~!!
c0057167_2152924.jpg

           赤羽根で石井先生が拾われたウキ        

c0057167_21524960.jpg
   
              伊良湖の椰子の実と石井先生


 さて、6月14~15日にかけて行われた下見では、会場だけでなく二日目のビーチコーミングスポットも下見をしました。
 石井会長、松本事務局長、牧野実行委員長、それに、わたしの4人で行く下見なので、当然見るだけでは終わりません。二箇所あった候補地をくまなく歩き回り、ビーチコーミングしながらの下見となりました。
 その二箇所とは、伊良湖岬の恋路ヶ浜、それに赤羽根のロングビーチでした。

  伊良湖岬の恋路ヶ浜は、宿になる伊良湖ホテル眼下に広がる1.5キロほどの浜で、かって伊良湖に逗留中の柳田國男がココヤシを見つけたという伝説の浜です。
 この浜を15日の朝食前に歩きました。朝の浜歩きは気持ちの良いものですね。奥行きの深い浜ですので、ちょっと離れると声も届かないほどの浜です。みんな散らばって漂着物を探してみたり,寄ったりしていたところ、石井先生の嬉しそうな顔が見られました。
 念願の「伊良湖の椰子の実」を見つけられ、ご満悦の様子。上の写真を見ていただければ、手にとるようにわかりますね。

 さて、昼食前に立ち寄った赤羽根ロングビーチも、恋路ヶ浜に劣らずの広い浜です。この浜は赤羽根漁港の東側にあり、遠浅でビーチコーマーよりもサーファーによく知られた浜。この日も数多くのサーファーで賑わっていました。ここでも石井先生は珍しい木製の刺し網ウキを拾われました。(後でこれはわたしが頂戴しました)

 二箇所のビーチコーミングポイントを下見し、石井先生の「恋路ヶ浜で,良かとじゃないですか」の一言で、候補地選びは決定しました。伊良湖ホテルの写真に写っているのは、念願の椰子の実を拾われ、嬉しそうに宿に戻る御姿なのですよ。もうこの時点で決まっていたようなものでしょう。みなさん、秋は伊良湖で会いましょうね。
 さて、夏はビーチコーミングには厳しい季節、ご自愛ください。
[PR]
by uki-puka | 2008-07-14 23:49 | プカプカ通信 | Comments(1)
Commented at 2008-09-07 01:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< プカプカ79・Sep-10-2008 プカプカ77・June-10-... >>