excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プカプカ56・July-27-2006

          新型漂着浮子      池渕正明

 皆様ご無沙汰しています。徳島の池渕です。
 昨年全般に浮子の不作にあえいだ鹿ノ首でしたが、今年は5月ごろから漂着数が増えてきました。
 今回見ていただきたい浮子は、2006年6月14日に鹿ノ首岬東浜北部にあがったものです。写真にありますように、全長10.9cm、幅1.8cmで、順友魚マークの裏面の船形が変わっています。さっそく林さんに見ていただいたところ、新型だということで投稿させていただきました。
 浮子採集の楽しみの一つは、新型を発見することです。たまにこういうことがあると、とてもうれしいです。
 では皆様、お体に気をつけて暑い夏をお過ごしください。
c0057167_21403494.jpg

c0057167_21404810.jpg


           鹿ノ首に漂着した新種オレンジ浮き  資料提供:池渕正明
from Editor
 しばらく新種オレンジ浮きの報告がありませんでしたが、30号でも俊雄ウキを発見された池渕さんから、また新種発見の報告が入りました。今、黒潮が日本に寄っているようで漂着物も多いようですが、オレンジウキといった基本的なアイテムをしっかりチェックされている彼には、頭が下がります。これからも調査をよろしくお願いします。




     越前海岸で拾った刺し網などのウキ   はやししげお

 このところ、珍しい浮き玉の話題が続きましたが、本州の海岸ではなかなか拾えません。そんな日本海側・越前海岸でこの冬に拾い上げたウキに付いて報告します。
 この越前海岸とは、福井県越前町の海岸だけでなく、越前岬から東尋坊、そしてあわら市の北潟海岸あたりまでを含みます。
 ここに図示したウキは全て実物大に描いてあります。
c0057167_2144355.jpg

 Aは「ハイトップ」の一体成形をしたプラスチックウキです。この形は昔から底刺し網に使われた木製のウキを模して作られており、浮子綱(あばづな)に結束するためのノッチの位置もそのままです。プラスチックの色は赤茶色で、全国的に拾えるモノでしょうね。このウキは付着生物が多く、カサガイに似たもの、サンカクフジツボ、それに2種類のカンザシが付着していました。

 ここにあげたB/C二つのウキはブルー紡錘状ウキと呼ばれるモノですが、ちょっと小ぶりのモノです。Bの「大三洋興業」とあるのは、ABS樹脂製で、オレンジウキと同様に二枚のプラスチックを接着したものです。ブルー紡錘状ウキのほとんどが一体成形の中国製ですが、これは簡体字が使ってないこともあり、台湾製のようです。
 Cの「淅江慈渓」は簡体字が使ってあることから中国製と思われます。これは一体成形で作られており、色はブルーではなく黒でした。
 こうした紡錘状ウキは非常に多く漂着しており、最近では拾うことがあまりないのですが、新しい製品も出ているようです。ここに示した小さいブルー紡錘状ウキはともかく、大きい方は、数が多すぎて、拾い上げることすらなくなってしまいました。

 Dは漁師さんの自家製ウキです。自家製と入ってもゼロから作るのではなく、樹脂製のバナナウキを切って作ってあります。バナナウキのエージングの様子からは、使わなくなったバナナウキを再利用したと言うより、漂着したモノを加工して作ったのではないでしょうか?加工方法はバナナウキを縦に半分に切り、浮子綱と結束するためのノッチを刻み入れてあります。こうした古びたウキの再利用を見るにつけ、手間はかけるが、お金はかけない節約の知恵が、うかがえます。こうしたことは環境にも優しい作業なのですが、海に捨てられた大量の集魚灯などのバルブ・・・との矛盾を考えてしまいます。
c0057167_2145147.jpg

 Eは一昔前、ちょうど昭和30〜40年代に多く使われた刺し網のウキです。赤茶色をした合成樹脂の貫通円筒型ウキです。こうしたウキは昭和30年代に普及しました。この時代、それまで使われていた天然素材の網に代わって合成繊維の網が普及しました。そのときウルシ浮子にかわって、合成樹脂のウキも一緒に普及したのです。

 Fは北海道の皆さんにはおなじみ、DONANウキです。これは上のウキと同様に赤茶色の合成樹脂でできており、形状は緩い紡錘状で中央には浮子綱を通せるように貫通しています。DONANウキは、道南ウキとして北海道南部を中心に使われていることが知られています。まだこれが知られる前は、DONANを「渡難」(どなん)と読み、南西諸島のモノでは・・・と言われていた頃がありました。
 さて、このDONANウキ、どのようにして越前海岸に漂着したのでしょうか?
・ 北海道から、対馬暖流の反流だけを上手く乗り継ぎ南下した。(ホンマかいな?)
・ 北海道を出漁した漁船が日本海で操業し、そこでウキが流出し越前海岸に漂着。
・ 北海道からガラスの浮き玉と一緒に黒潮に乗りアメリカにし海岸沖へ、そこからカリフォルニア海流、北赤道海流、対馬暖流と乗り継ぎ、大平洋を一周し、越前海岸に漂着。
 皆さんなら、このうちどのシナリオを選びますか?


 Gはベトナム製のキャンディーウキです。このウキは劣化が激しく、魚の図柄がある反体面の文字はほとんど読めませんでした。この樹脂は灰色をしていましたが、エージングのせいで変色していたのかもしれません。
 越前海岸へはこのキャンディーウキが時々漂着しています。このウキは黄色、赤色、緑色などが多く、モノフィラメントの太いテグス状の浮子綱に結束されているモノも漂着しています。

from Editor・その2
 夏場はビーチコーミングに向かない時季ですね。歩くとしても早朝か夕方でないと、体が持ちません。そんなわけで浜が近くにないと、難しくなります。夏の休日で、浜辺にいることがあれば、ビーチコーミングを楽しめますね。昼間はゲストハウスでのんびり読書と昼寝、そして朝と夕にはビーチコーミング、いいなぁそんな生活!!
[PR]
by uki-puka | 2006-07-26 21:38 | プカプカ通信 | Comments(0)
<< プカプカ-57 プカプカ55・July-1-2006 >>