excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プカプカ45・Nov-1-2005

       オウムガイ発見記     鈴木明彦

 今回偶然訪れた四国の海岸でオウムガイに遭遇しました。海岸歩きを始めて5年目で大物に出会うことができました。オウムガイの漂着記録は学術的にも貴重なものですので、漂着状況や貝殻の特徴などについては別の機会に報告しようと思っています。興奮?がさめないうちに発見記をと、林さんよりお勧めがあったので、発見の様子を綴ってみることにします。
  2005年9月8日、徳島県宍喰町で開催される環境再生フォーラム参加のため、徳島空港に降り立ちました。その日は鳴門市街地に宿を取ったのですが、多少時間があったので、有名な〈鳴門の渦潮〉観光に出かけました。渦潮公園あたりを散策しましたが、潮の加減でしょうか、思ったほどの迫力は感じませんでした。
c0057167_10342753.jpg
(写真1)
c0057167_10344491.jpg
(写真2)

 鳴門市街に戻るバスで「千鳥ヶ浜」なるバス停があったので、途中下車して砂浜を歩いてみることにしました。この地点は鳴門大橋が見える良いロケーション(写真1)でしたが、漂着物自体はそれほど多くありませんでした。とりあえず貝殻だけをいくつか拾って防波堤に座り、水平線を眺めていました。帰りのバスまで時間があったので、より陸側の砂浜をひと回りすることにしました。新しいメガネが落ちていた(写真2)ので、ちょっと面白いと思いカメラに収めました。そしてメガネの先を見ると、紅い火炎模様の貝殻が・・・まさかと思い砂をはらうと、それはまぎれもなくオウムガイでした(写真3)。
c0057167_10345769.jpg
(写真3)

この瞬間の記憶は定かではないのですが、「ヤッター、ヤッター、ヤッターマン!」あるいは「オーチン、オーチン、オーチンハラショー!」と叫んでいたような気がします。〈感動力〉の乏しい私も久しぶりに興奮しました。〈旅には行ってみよ、浜には降りてみよ〉といったところでしょうか。南方からの漂着物の奥深さを知る旅となりました。




2005年ウキウキ研修会 (下)    はやししげお
 4日は、朝食後に昨日の講師・中津さんに誘われ、アザラシが打ち上げられていたという様似町鵜苫(うとま)海岸へ。このあたりから浦河にかけてはアンモナイトの出る岩盤が海岸にあるそうですが、潮の引きが弱く、残念ながら見ることができませんでした。この海岸は礫浜で、動物の骨がたくさん打ち上げられており、アザラシの脊椎骨、キタキツネの頭骨などがありましたが、私がうれしかったのは、手のひらに乗る砂岩の礫にアンモナイトやイノセラムスの付いたものを拾ったこと。大好きな化石の、それも漂着物ですから・・・とってもうれしかった。
 次はえりもに向かって車を走らせました。途中、ある牧場の納屋のわきに尺モノの大玉がわんさか積まれているものがありました。田中さんに無理を言って脇に入ってもらい、おばあさんに話を聞いたら、漁師から預かっているものらしく、大きな犬が2匹、浮き玉の番をしていました。この浮き玉たちのほとんどは尺二サイズで、その個数はおよそ見積もって千個ほど・・・これだけの浮き玉が一ケ所にあるのは初めて見ました。

c0057167_2110502.jpg

            番犬が守る尺二の浮き玉

次は石川さんが、ある水産会社の資材置き場に案内してくれました。ここには、これまで見たこともない浮き玉のマークがありました。えりもに向かう途中、大きな浮き玉は数カ所で見かけました。まだまだこの地方では、使われているのですね。

c0057167_10385385.jpg

       えりもの山中にある漁業資材置き場にて

 さて、百人浜に到着し6人で歩き始めました。百人浜はさすがに広く、行けども行けども、まだまだ砂浜が続きます。田中さんと競うように歩き始めたら、ついつい歩き過ぎて、結局は取り残されましたが、久しぶりに脚が言うことを聞かなくなりました。
 百人浜は、砂鉄を多く含んだ黒色に近い色をした浜でした。波がかかると、ほとんど真っ黒になり、チョウチョガイなどがはっきり目立ちます。今回は浮き玉は見つかりませんでしたが、ビニール製の浮き玉カバーや北の漂着物がたくさんありました。
 お腹を空かせた私たちは、岬近くのお店で「えりもラーメン」を食べましたが、塩味で海藻やツブガイの入ったさっぱり味!気に入りました。
 昼食後は石川さんの職場、「風の館」で百人浜の漂着物を見せてもらいました。もちろん展示もしてありますが、ここまで椰子の実や、ミフクラギが流れ着くのですね。海流があるから、あたりまえと言ってしまえば、そうですが、北で見るココヤシは感動します。これならモダマの可能性もあります。
 さて、バックヤードで見せていただいたガラスの浮き玉、マークや形のバリエーションが豊富で、驚くばかり。百人浜と言うフィールドの間近に住む石川さんの底力を見せつけられました。だって、浮き玉を気にし始めてまだ3年ほど・・・って言われるのですから。ここの浮き玉はまた後日、石川さんが紹介してくれるでしょう。
 楽しい時間は早く過ぎ去り、午後4時にえりもでウキウキ研修会は解散となりました。
c0057167_1041496.jpg

          えりも岬をバックに(田中原図)

 その晩は田中さん宅にお世話になり、翌日も浜を歩きながら千歳まで戻りました。時間が少しあったので、苫小牧のウトナイ湖に寄ってもらいましたが、ここではハクチョウをはじめ、ヒシクイまで間近で見ることができました。
 久しぶりの北海道、それも大名旅行をさせてもらい、田中さんはじめ、皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by uki-puka | 2005-10-10 10:07 | プカプカ通信 | Comments(0)
<< ウキウキ研究会総会2005 プカプカ44・Oct-1-2005 >>