excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プカプカ通信157・Oct-20-2017

   この夏に渥美半島で拾い上げたプラ浮きたち   はやししげお

 2016年9月、台風や大雨により各地で風水害が多く発生しました。名古屋でも9月の30日間で、何と17日間も降雨があり、これは梅雨時の6月の降雨日を軽く超し、降水量でも6月の218mmを超えて9月は299mmとなりました。そしてこれは7月と8月との降水量合計よりも多い数値となりました。
 プカプカ通信156号では、台風13号が運んでくれた漂着物の速報をお知らせしましたが、今号では、南のモノが少なかった7~9月にかけ、渥美半島表浜で拾い上げたプラ浮きの話題をお届けします。興味深い南方のモノがあれば、そうプラ浮きに目が行かないのですが、モノが少ない夏でしたので、いくつか拾い上げてみました。
 最近の傾向では、青いプラスチック素材を用いた紡錘型の浮きの漂着が非常に多く、一時は多かったオレンジ浮きを数では追い抜いてしまいました。本来なら、それを調査しなければいかんのですが、量の多さに閉口してしまい、数が減少傾向にあるオレンジ浮きを拾っていたのでした。ただ拾うといっても、定量的なものではなく、あまり見かけなかったものを中心に拾っています。 
c0057167_213559.jpg

A・まずは、小型の刺し網浮きを紹介します。この浮きは6センチほどの小さなもので、表面には「万事如意」そして反対側には「集丰・Jifeng」とありました。万事如意のある中央には円形の中に帆船と「5」が入っており、これはきっとオレンジ浮きなどの5号を意味するものでしょう。浮子綱には直径が1mmほどの黒い編みナイロン、目通しには0.6mmのナイロン、そして一部ついていたのはモノフィラメントの網でした。この浮き
は黒のプラスチックを使っていますが、同じ陽刻のもので白い浮きも確認しています。あと、これは一体成型で作られたものです。
c0057167_213897.jpg

B・これはお馴染み、中央の歯車の中にマル優の入った雄華塑料廠のオレンジ浮きです。最近の浮きは表面に製造年が刻まれるようになったものがあります。オレンジ浮き、真面目に見てなかったのですが、徳島の濱さんのブログ「今日も渚で日が暮れて」で教えてもらい、気にしていたら見つかりました。タイトルヘッダーにアップした写真は2010年製の浮きですが、2013年製のモノには、11、12、13が追加されています。またこのオレンジ浮きは3号も確認しています。
C・4匹のいるかと思われるモチーフを円形に配置したマークの富丰浮き、これはオレンジ浮きと同じ製法で作られていますが、色がオレンジというよりも黄土色です。最初からこの色だったのか、エージングの結果かどうかはわかりません。
D・太陽と波をバックに飛ぶカモメをマークにした海鴎浮標です。表面に記された海鴎浮標、质量保证にはそれぞれHAIOUFUBIAO、ZHILANGBAOZHENGとアルファベットでの読みまで入れた親切?と言うか、不思議なものです。そしてこのサイズは1号型ですが、なぜか2#とも記されていました。あとこの浮きは、ほかのものに比べて角の面取りが大きめで、陽刻面も緩いアールがついたものです。
E・すっきりした細めの明朝体で「渓南雄華」と記されたオレンジ浮き、反対側が太陽浮標もあれば、どちらも渓南雄華もあります。渓南は中国の地名かとネット検索したのですが、出てきません。出てきたのは南渓でした。そして渓南で見つかるのは、お隣の岐阜県多治見市の地名ばかり・・・(笑)
F・ジャンク舟と太陽、それに波をマークにしたお馴染みの俊雄浮標です。これも雄華塑料廠のオレンジ浮き同様に製造年が記されるようになって来ました。このサイズは1号浮きですが、なぜか表示は1/0号、もしかしたら1/0号と同じ浮力があるのでしょうか?
図示したものは、2009年から2013年まで刻印を増やして、同じ型を使い続けているようです。
G・古くからあるオレンジ浮きの有名ブランド「船牌浮標」の1/0号です。そしてこれが本来の1/0号のサイズですね。さて、この浮きですが、実は初めて見た船牌浮標の1/0号でした。これまでにも「太陽浮標」、「順風得利」、「一帆風順」、「大」、「俊雄浮標」、「集魚商標」、「順发」、「大汎浮標」を確認してきましたが初物です。この船牌浮標の得意技はスペルミスなのですが、今回も裏切らなかった!本来はTRADE MARKと入るところに何とTRAEMAK・・・魚を捕えまくるのでしょうかね?(笑)
H・この浮きは、貼り合わせで作られたオレンジ浮きではなく、一体成型で作られたブルー紡錘型浮きです。普通このタイプの浮きには両端に一つずつ、合計2つの刻みがありますが、これは4つ余分に加えた刻みが6つあるものです。刻みが6のものは前からありましたが、浮きの断面が円形な「丸タイプ」のものでした。ところがこれは4つの角が見られる「角タイプ」で、これまでに見たことの無いものでした。
 従来の丸タイプと、今回の角タイプとは非常に酷似しています。サイズもほぼ同じで、刻みのパターンもほぼ同じです。
 上の丸タイプは2004年4月3日、石井先生、それに前事務局長をされていた松本さんと一緒に、福井県小浜市矢代で行われていた手杵祭りを見た後に、京丹後市の箱石浜で見つけた浮きです。表面には海南临高崑社塑料ㄏ、耐圧180米水深、05と刻字され、円の中には海面と漁の標識らしきものと、得魚・DE YUと陽刻されていました。2016年9月17日に赤羽根で見つけた角タイプ、これから各地で見つかることと思います。この秋からビーチコーミングをされる際には、ぜひ探してみてくださいね。
c0057167_216579.jpg
             上が従来の丸タイプ、下が今回の角タイプ
c0057167_2174718.jpg
              左が丸タイプ、右が角タイプ





[PR]
by uki-puka | 2016-10-20 20:58 | プカプカ通信 | Comments(0)
<< プカプカ通信158 ・ Oct... プカプカ通信156・Sep-2... >>