excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プカプカ通信150 Dec-1-2015

           どんぶらこ0~50合本    はやししげお  

 この夏ごろに漂着物学会の会報・どんぶらこ合本製作のアナウンスがありました。ハードカバーで一冊にまとまるということでしたので興味はありましたが、最初から入っていた学会なので、0号からすべてファイリングしてありますし、プリントされたものを刷り直すと精度も下がるので、申し込みをしませんでした。
秋に漂着物学会の総会がが徳島でおこなわれ、そのとき合本を見てびっくり!オンデマンドのコピー印刷でしたが、データの残っていたものはデータから起してあり、一部はカラーにもなっていましたのでかなり良い出来栄えでした。
c0057167_23585216.jpg

ただ、最初のアナウンスにあったハードカバーでは無かったのですが、表紙には石井先生のイラストが載せられ、良い雰囲気を出していました。石井先生のイラストは漂着物ではなく、学会の設立時期に関わった方々が描かれておりますが、これは石井先生の頭の中にあるイメージなんですね。面白いのは漂着物学会創設当時の人のイメージだったり、近未来のイメージだったり。例えば、設立の立役者となり長く事務局長を務められた高知のMさんよりも、オレのほうが髪の毛が薄いとか…知る人が見れば分かりますが、(笑)時空を無視した石井先生のイラストはステキです。
学会会場では合本が展示されまだリプリントが可能ということなので、早速申し込みました。このとき、オレ同様に申し込まれた方は20名ほど見えたようで、製本されて11月の初旬には自宅に届きました。
どんぶらこの創刊当時は縦書きでした。またそのままのプリントではなく編集されている部分も多く、現事務局長の藤枝さんのご苦労がしのばれました。初期の号ではリソグラフで刷られ、紙も黄色くなりかけた部分もあり、あまり見返すことはありませんが、届いた合本をめくると、つい時間を忘れてしまいます。



     漂着カントンアブラギリはシナアブラギリ  はやししげお

 今年の徳島で行われた漂着物学会の研究発表で、会長の中西先生の発表がありました。その演題は「シナアブラギリの種子-カントンアブラギリの種子は漂着 しているのか?」と言うものでした。その要旨は、シナアブラギリは1果実中の種子数に変異があり、それにより種子の形態も違っている。1果実中の種子数と 種子との形態の関連を調べた結果、カントンアブラギリの漂着種子とされてきたものは、シナアブラギリの種子の高いことが明らかにされた。と言うものでし た。 右の写真は、左がこれまでシナアブラギリ、右がこれまでカントンアブラギリとして紹介してきたものです。
c0057167_021417.jpg


 このカントンアブラギリの漂着種子については、オレが言い出しっぺですので、そのいきさつを紹介させてもらいます。
  2010年ごろ、古書で明永久次郎著・「油桐」(河出書房1945刊行)を手に入れました。これには油桐による灯油の歴史から、植栽など詳しく書かれたも ので、当然種子の図も明示されていました。下に示したのはシナアブラギリの果実と種子で、一つの果実の中に5個の種子が入っているものです。
c0057167_025969.jpg

  当時、漂着した種子しか知らず、実際にシナアブラギリの果実を見たことが無かったので、植栽してある場所を探しました。すると身近な名古屋市東山植物園に あることが分かり、秋に落下していた果実をいくつか拾ってきて確認したところ、どれにも5個の種子が入っており、シナアブラギリの種子の形が分かりました。
 ところがシナアブラギリの種子とされたものに、もっと丸っこい形のものがありましたが、「油桐」を見ていたら、それにそっくりなものはカントンアブラギリとなっていました。下に示したのはカントンアブラギリ種子の図です。
c0057167_034837.jpg

この図をよりどころにして、漂着した種子を縦長で中央の稜のハッキリしたものをシナアブラギリ、円形で中央の稜の目立たないものをカントンアブラギリとし て使い分けていました。オレのブログでは2010年の秋ごろからカントンアブラギリとして扱い、尚さんが執筆された「草木の種子と果実」に漂着種子を提供 したときもシナアブラギリとカントンアブラギリとを分けて提供し、掲載されました。
 ただ、漂着種子をシナアブラギリとカントンアブラギリとに分類しても、その中間タイプがかなりあり、それをどっちにするのか?と言うのは悩ましいことでした。
  そして徳島での発表があり、なるほど!と思ったのですが、中西先生の提示されたPPTの図では説明が不足しているように思ったので、これはもう一度自分で 再確認しなければと、シナアブラギリを探すことにしました。中西先生の発表では、果実の生育状態が良くないシナアブラギリは、果実内での種子数が減り、そ れが丸いタイプの種子となると言う説明がありましたので、そんな果実を探したのです。
 公園に植栽されたものは条件も良かったのか5個の種子が入ったものばかりでしたので、明永久次郎著・「油桐」で紹介されていた福井県若狭町で探すことにしました。そして若狭町の北斜面に植えられていたシナアブラギリを探し出しました。そして、この木の下には多くのシナアブラギリの果実が落下していました。
c0057167_061994.jpg

 落下していた果実を集め、大きなものから矮小化したものまで15個ほどの果実を拾い集めました。そして果実を割って種子を確認したところ、最も小さな果実には2個の種子が、大きな果実では5個の種子が入っていました。 それらの種子を洗い出し、果肉をしっかり取り除いたら、下の写真のようになりました。
c0057167_07269.jpg

中西先生の発表されたように果実の中の種子が少ないものは、「カントンアブラギリ」として紹介した丸いタイプのシナアブラギリでした。 2010年からこの秋までに、オレがブログや、漂着物学会・会報どんぶらこ、それに漂着物学会誌で、「カントンアブラギリ」としたものは、シナアブラギリでしたので、ここで訂正させていただきます。
 このように、学会に参加するとまだ論文になっていない情報などが手に入ることがあります。来年は北海道・・・これも楽しみですね。 



            秋の石狩-余市を歩く    鈴木明彦

 10月中旬の漂着物学会徳島大会から戻ってくると、アオイガイがポツポツ来ているとの情報がありました。そこで10月23日に、余市から石狩にかけてのいくつかの浜辺を歩いてみました。秋の北海道日本海側の漂着物を紹介します。
まずは早朝余市方面にクルマを走らせました。アオイガイ採集は先客(カラスやアオイガイハンター)との勝負になりますので・・・。余市湾には、比較的大きな砂浜海岸が2ヶ所ありますが、やはりこちらには先客の足跡(人+鳥)があり、早々に引き上げました。当日の風向きを考えて場所を移したところ、今年第1号のアオイガイを採集しました(写真1)。
c0057167_0162672.jpg
今年はこれ1個かもしれないと思って、おにぎりのプラケースに大事にしまいました(写真2)。
c0057167_0164624.jpg

 もうひとつの地点では、アオイガイはなかったものの無印の浮き玉を拾いました(写真3)。
c0057167_0172363.jpg
これで余市方面を切り上げ、小樽の忍路海岸で穏やかな忍路湾を眺めながら昼食です。北大臨海実験所や海底火山岩大露頭もあり、私にはなじみのある場所です。
さて午後からは、石狩方面へと移動しました。石狩浜は漂着物が少なく、写真を撮って退散です。そして日本海側を北上して、定番の望来海岸へと向かいました。ここで拾うとすれば、やはり鉱物・化石系でしょうかね。
c0057167_01844.jpg
(写真4)

c0057167_018479.jpg
(写真5)

c0057167_019436.jpg
(写真6)
1時間ほど歩いて、石炭(写真4)、巻貝化石(写真5)、めのう(写真6)などを見つけました。石や貝以外では、海獣(トド?)の脊椎骨が二三転がっていました。この日の望来海岸での成果を盛り合わせにすれば、こんなところでしょうか(写真7)。
c0057167_020871.jpg

実は来年の10月23日!は、漂着物学会北海道大会でビーチコーミングを予定している日なのです。そこで余市から石狩にかけてシミュレーションのつもりで浜辺を歩いてみました。天候に恵まれ皆さんもお宝が拾えることを願っています。

Feom Editor 
 2002年の4月に第一号を発行し、その後も号を重ね、2015年の12月で150号となりました。途中でエキサイトブログを使ったブログ版も作り、これまでやってこれたのはずっと投稿をしていただいたみなさんのおかげです。
 はじめのうちは手書きやワープロに絵や写真を貼り込んでいましたが、今ではそれもパソコンを使い簡単にできるようになりました。また世の中の流れで紙媒体が無くなりつつあります。プカプカ通信も途中からウェブ版を出したときから、紙版ではなくネット上のウェブ版で読まれるとのコトで、郵送を無くした方々もみえます。
 今回、150号まで発行したのを機会に、今後はウェブ版を中心にPDF版あたりも随時出していけたらと、思っております。
 そんなわけですので、原稿も引き続き大募集していますので、そちらもよろしくお願いします。
[PR]
by uki-puka | 2015-12-01 18:00 | プカプカ通信 | Comments(0)
<< プカプカ通信151 ・ Mar... プカプカ通信149 ・ Oct... >>