excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プカプカ通信142・Apr-3-2015

        美浜町松原海岸の赤籠     はやししげお

 福井県美浜町は敦賀市の西に位置し、松原海岸は北側に日本海の若狭湾を望むために冬場の北風が優勢になると漂着物が増えてきます。2014年12月から2015年2月にかけての冬は、当初西よりの風が優勢で、敦賀半島西側の水晶浜などに多くの漂着ゴミが寄りました。けれども1月に入り北風が優勢になると、松原海岸のように北側が海に面した海岸に大量の漂着物が押し寄せることになりました。
 若狭地方は沈水地形によるリアス式海岸が知られており、磯がメインになった海岸線が続きます。特に敦賀半島や常神半島などの突出した部分は磯の連続ですが、松原海岸あたりは東の和田海岸から、西の久々子海岸までのおよそ3kmの砂浜が続くビーチコーマーには貴重な海岸です。
c0057167_11431367.gif


 さて、この冬は、対馬暖流の勢力が弱くて、特に12月の流入は少なかったようです。そのために前からプカプカ通信でも報じているように、日本海に浮かんだ韓国由来の海ゴミが大量に福井県には押し寄せました。 1月に若狭地方の6箇所で流出国を探るサンプリングをしたところ、やはり韓国が圧倒的に多くて、漂着ゴミの6割を占め、それに日本、中国と続きました。このように韓国ゴミが多いときには、韓国製品の調査にはもってこいなので、ちょっと気になっていた韓国でアナゴのウケに用いられるえさ籠の調査を行いました。この籠の中に魚のはらわたなどを入れ、アナゴのウケに入れておくと、嗅覚の鋭いアナゴがえさを求めてウケに入るために、この籠はウケと対をなすものです。
c0057167_1144453.jpg


 えさ籠には、大別して四角いモノと、円筒形のモノとの二つに分けられます。四角ものはヒンジ部分(蝶番)が3箇所あるために、何度も開閉しても壊れることが少ないものです。けれども右の写真にあるような円筒形のえさ籠では、1箇所しかないために破損が多いようで、蓋の外れたものも多く見かけます。またヒンジ部分が壊れていなくても、破損予防のために細いナイロン紐を通してあるのも多く見かけました。

 打ち上げられたえさ籠を調べているうちに形態や色にバリエーションが見られたので紹介します。蓋部分は外れやすいので、底の部分で分類したら、このようなバリエーションがありましたが、3と9、2と8とは同じ型で作られた色違いのようです。
円筒形赤籠のバリエーション
c0057167_11245884.jpg

   
円筒形赤籠の蓋部分
c0057167_11252555.jpg


円筒形赤籠の底部分
c0057167_11255290.jpg


  上の写真は、籠の蓋と、底の部分の写真ですが、パターンが底とは一致せずにまったく別のパターンになっているのも多く見受けられますね。
 下の表は漂着した円筒形の籠の計測値ですが、劣化や変形もあるので、目安と考えてください。蓋直径はヒンジ部などは含ます、円の外側の直径です。
円筒形赤籠の計測値 単位はmm
     1 2 3  4 5  6 7  8 9 10
高さ  83 82 83 92 83 86 77 81 83 107
蓋直径61 60 63 72 69 67 62 61 63 88
底直径47 46 46 51 53 53 46 46 46 66

 ふだんは、この籠を「赤籠」と呼び、色のバリエーションがあるくらいにしか思っていませんでしたが、ちょっと気にしてみれば、これほどのバリエーションがあって驚かされました。オレンジウキやガラスの浮き玉同様に、どれも奥が深いものですね。特大の10を除き、大凡のサイズは同じですが、微妙なサイズ違いがありました。また表面を観察しましたが、ハングルなどの陽刻は見られませんでした。
 四角い赤籠は、アオイガイの保護容器などに使うのでよく見ていますが、コレにもバリエーションがいくつか見つかりました。
四角い赤籠のバリエーション
c0057167_11265021.jpg

   
四角い赤籠の計測値 単位はmm
    1  2  3  4  5     
長辺 107 107 92 107 105
短辺  72 72 63 72 72
厚さ  84 84 84 94 94

 四角い赤籠では5つのバリエーションが見つかりました。1~3までは同じ会社で作られたもののようで、同じハングルの陽刻が見られました。4にもハングルの陽刻がありましたが、1~3とは異なったもので、5には数字の陽刻が見られました。
c0057167_11451068.jpg


 4の陽刻はクローズアップしましたが、左端にはリサイクルマークがあり、ハングルは월드통상(ワールド通商)と読めました。このワールド通商とは、韓国におけるかなり大きな総合商社のようで、ウェブページにはさまざまなモノがあり、この赤籠まで辿り着けませんでした。(笑)また溝の部分のプラスチックにはバリなど一切見られず、陽刻もハッキリ読めるため非常に高い成型技術で作られた製品ということが分かります。
c0057167_11454920.jpg


 四角い赤籠では、ヒンジの反対側に開閉のための取っ手と、ロックするための凹凸が作られています。その構造はほとんど同じですが、微妙な違いがありますのでここに示した写真で説明します。1では片側に凹部二つ、凸部二つが横並びになっていますが、4では左右に凹凸が交互に並ぶ仕組みになっています。バリエーションの中では、1,2,3で左右同じものが並ぶタイプで、4,5で凹凸が交互に並ぶタイプになります。
 以前新潟の柏崎で行われた漂着物学会の発表で、この籠の中で成長し、出られなくなってしまった生物のことを教えてもらいました。 

 今回の赤籠を気にしたのは、そうした蟹や貝をチェックするつもりで見ていたのですが、見つかったのはカニが一つと、他にはアコヤガイが三つ入っていただけでした。その理由には、ふたがしっかり閉まっていなかったり、四角い籠ではロックがいい加減だったために落ちたものもあるのでしょう。籠の中の生物は大したことなかったのですが、思いがけずに変わった形のモノを見つけてしまいました。
c0057167_11461429.jpg

 形は円筒形の籠ですが、蓋のあるタイプではなく、四角い赤籠と同じ最中タイプなのです。これを見つけたのは初めてなので、ちょっとワクワクしました。これは直径45ミリ、高さ75ミリの円筒にヒンジ部分が二つとロック部分、それに開閉のための取っ手がついたものでした。こうした小さなプラスチック製の籠は、どれもウケの中に入れて使われたものと思われますが、2014~15にかけての冬場、韓国の海ゴミが極めて大量に漂着したおかげで見つかったものでしょう。海岸の自然環境にとって海ゴミの増加はピンチですが、こうした漂着物調査においては、格好のチャンスとなりました。焼け石に水かもしれませんが、調査用に回収した赤籠などの海ゴミは拾い上げて処分いたしました。
[PR]
by uki-puka | 2015-04-03 06:59 | プカプカ通信 | Comments(2)
Commented by modama at 2015-04-30 06:48
あらまぁ、シゲさん、今日は。
実は、私のブログに「似ているブログ」というボタンがあって、
何気なく押したら「プカプカ通信」に飛んで着ちゃいました。
アナゴの餌籠、石垣島でも見ますが、こんなに種類は多くないな。
日本海側はよい漁場だということも関係あるのかな。
また、石垣島ではアナゴをあまり食べません。
寿司屋にはありますが、築地あたりから入ったもののようです。

Commented by beachcomberjp at 2015-05-03 00:55
modamaさん、
 本州はGWで、道路はどこも渋滞、うちの近所の東名や名神、どっちも10キロ以上の渋滞が続き、でかける気がしません。
韓国人はアナゴ好きで漁も盛ん、ウケの中の籠はいっぱい来ますよ。(笑)

<< プカプカ通信143・May-6... プカプカ通信141・Mar-2... >>