excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プカプカ通信123・ Jul-1-2013

       「2013北海道ウキウキ研修会inアポイ」へのお誘い
ウキウキ研究会北海道支部では、2013年度の研修会を開催いたします。
日 時 2013年8月31日~9月1日(土日)
会 場 アポイ岳調査研究支援センター・アポイ岳ジオパークビジターセンター
内 容 ・オプショナルツアー(アポイ登山、ガイド付き)
・様似・えりも、浦河等の浜歩き
・ウキウキお宝自慢大会
・その他
会 費 時価
参加資格 いつもウキウキな人
問合せ mat-apoi@tmail.plala.or.jp 田中 正人

スケジュール
31日(土)AM9:00~アポイ登山(オプショナル・前泊OK)
     PM5:00~夕食等準備
      6:00~夕食
      7:00~ウキウキシンポジウム(各自発表)
1日(日)AM6:00~起床
      7:00~朝食
      8:00~後片付け後、BC・化石採取等(後伯OK)


           2013年初夏の渥美半島  はやししげお

冬の漂着シーズン中は、ずっと福井県などの日本海側に通いつめていました。 2012年の夏から渥美半島など太平洋側では海豆類の大量漂着があり、それがそのまま日本海側へ移り、ずいぶん楽しめました。春になって風向きも変わり、ほとんど漂着も終息したので5月後半からは渥美半島にシフトしました。
 昨年(2012)の太平洋側、海豆類の漂着は早かった!5月4日には、ゴバンノアシ、シナアブラギリ、ワニグチモダマが見られたのですから。
c0057167_21524536.jpg

 ちょっと期待して太平洋側の渥美半島に出かけたのは2013年5月12日のことでした。豊橋市の伊古部、赤羽根のロングビーチ、渥美の堀切周辺、そして伊良湖岬あたりまでを一日かけ歩いたのですが、南方系の植物は何一つ見つかりませんでした。そして驚くべきことに、エボシガイの付着した漂着物さえ無く、遠来のモノ・・・外洋を漂ってきたものは皆無の状態だったのです。この日、西風が優勢で、まだまだモノが寄る状況ではありませんでした。               
 前年の同時期、渥美半島がかなりの漂着物に被われていたのでちょっと落胆し、2週間後の5月25日に渥美半島を再訪しました。渥美半島の友人らからの情報では、ハシボソミズナギドリの落鳥も始まったとありましたので、まずは豊橋市の伊古部から歩きはじめました。すぐに新鮮なハシボソミズナギドリが見つかり、とりあえずの目標は達成です。(笑)ただ、この日も目新しい漂着物といえば新鮮なハシボソミズナギドリだけで、まだエボシガイの付着した漂着物さえ無かったのでした。ハシボソミズナギドリの漂着はまだ始まったばかりのようで、この日に見た14個体のうちのほとんどは羽毛も柔らかな新鮮なものでした。
c0057167_21533484.jpg


 その他の漂着物で目立ったものはウチワヤワコケムシ、それにアマモといった地元の漂着物で、中でもウチワヤワコケムシは大量に漂着しており、乾いて干物になったヤツは風に巻かれて浜を転がり、人の足跡に逃げ込んでいたヤツもありました。
c0057167_2205774.jpg


 それにしても、5月の最後の週末なのに、遠来のものが来ないとは。去年とは大違いですね~!そんなわけで、ハシボソミズナギドリは見られましたが、どうもすっきりせずに渥美半島を後にしました。
 海流図をチェックしたら、この春から黒潮が潮岬に接近後、大きく蛇行していることが分かりました。昨年はこれがほぼ本州に沿うように北上していた例外的なものだったのですが、2013年は例年通りに戻ったようです。
 そして、エボシガイの付着した漂着物を認めたのは、6月1日のことでした。もう浜に着いたら、スグにそれは分かりました。だってエボシガイが乾くときのあの臭いが浜に充満しており、車から降りたオレの鼻腔を直撃したのですから。(笑)
c0057167_21553627.jpg

 6月1日の漂着はかなり大規模なもので、ハシボソミズナギドリの他にもカツオノエボシ、アサガオガイ、それにエボシガイの付着した漂着物があちこちに転がり、オレンジウキや青いウキとも出会うことができました。
c0057167_21562559.jpg

 この日、渥美半島の表浜をおよそ7km歩き、230個体ほどのハシボソミズナギドリを確認し、190個体ほどのカツオノエボシも確認しました。単純に確認個数を距離で割れば、ハシボソミズナギドリ33個/km、カツオノエボシ27個/kmとなりました。
c0057167_21591554.jpg

 漂着物の面白いところには、こうしたピークがあることですね。もちろん漂着が始まれば、定期的にやってきますが、初めの時期のピークには浮遊していたモノやそれに伴っている生物群も一緒にやってくるからです。そんな中には、コロンブスの蟹として知られたオキナガレガニもいくつか混じっていましたし、ハシボソミズナギドリの羽毛に付着したルリエボシもありました。
c0057167_21573380.jpg

研究者の方にうかがったところ、キプリス幼生からおよそ1週間ほどでもこの状態になるそうです。
c0057167_215837.jpg

そして、この日砂に埋もれたコアホウドリも見つけました。こうした大物が漂着するのは太平洋に面した浜ならではですね。
   
[PR]
by uki-puka | 2013-07-01 07:00 | プカプカ通信 | Comments(0)
<< プカプカ通信124・Jul-2... プカプカ通信122 ・ May... >>