excitemusic

ウキウキ研究会の会報「プカプカ通信」の一部をwebで紹介します。
by uki-puka
ICELANDia
カテゴリ
全体
プカプカ通信
浮子メモ
全国ウキ情報
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
お気に入りブログ
最新のコメント
鍵コメさん、  はい、..
by beachcomberjp at 09:24
kinさん、  そうで..
by beachcomberjp at 09:23
12ツキ上旬からの大量漂..
by kin at 17:07
アンドレアさん、To A..
by beachcomberjp at 19:11
山車を購入できますか
by Andrea at 11:56
modamaさん、  ..
by beachcomberjp at 00:55
あらまぁ、シゲさん、今日..
by modama at 06:48
島酔潜人さん、  は..
by beachcomberjp at 18:39
ポパイは青春時代のバイブ..
by 島酔潜人 at 20:40
Thanks Lonny..
by uki-puka at 22:59
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プカプカ通信122 ・ May-11-2013

            不思議なウキ はやししげお

 日本海側での漂着シーズンは、ふつう3月あたりまでですが、今年はその後の浜掃除が終わった、4月中旬以降も荒れた日がありました。そんなわけでゴールデン・ウィークあたりでもガラスの浮き玉が拾えたり、モダマやジオクレアといった海豆類が拾えたりと、嬉しい声が福井のビーチコーマーらから は聞こえてきました。2012年秋から2013年春にかけて、福井や石川の浜辺では、多くはありませんが、ふつうにガラスの浮き玉が拾えました。数年前にさっぱり拾えない年もありましたが、こうした漂着の状況は不思議です。
c0057167_19163183.jpg

 さて、日本海側・福井の海岸ではガラスの浮き玉、中国の水色をした紡錘型ウキ,豆型ウキ,分銅型ウキ、刺し網用のオレンジウキ、中国、韓国、日本製の球形ウキ、ベトナムのキャンディーウキ(色のバリエーション多し)、ボンレスウキ(紅白)、韓国のわらじウキ、新旧バナナフロート(黄色の他にも白や青など色のバリエーション多い)、発泡スチロール素材を養生シートで包んだブイ、発泡スチロールをプラスチックで包んだブイ、ロシア製の球形スチールウキ、アルミウキ、白樺ウキ、四角い発泡スチロールを養生シートで包み、ロープでしっかり結わえ、その上面と下面にはアベマキのコルク質な樹皮をつけた浮標などなど、さまざまな浮きが漂着しています。福井の海岸でかれこれ15年以上ビーチコーミングを続け、2000年頃からは継続的な調査をしていると、もうそんなに目新しい浮きにお目にかかることはなくなってきました。

 でもね、久しぶりに新しいものに出会ったのですよ。ただ、これが不思議な怪しいモノで、本当に浮きかどうなんだか~??違っていたら、ごめんなさいの世界ですけど。
 その不思議なウキと出会ったのは、2013年3月23日、場所は福井県坂井市浜地海岸です。いつものように堤防脇に車を停め、海岸に出てみてビックリ!浜地海岸は冬場に砂が持っていかれる場所なのですが、これまで見たことの無かった砂に埋もれたテラスを初めて見ました。
c0057167_1917295.jpg
また、ここの砂は戻ってくるのですが、これほど減っているとは思いませんでした。浜地で気になったのは、子供たちが作っていた漂着アートとMK式硝子玉カバーでした。アートは、韓国製の大きめの漂着物を使ったかわいいもので、硝子玉カバーは、真っ二つに割れたもので、もちろん中身は入っていません、残念!(笑)
c0057167_1918628.jpg

 さて、前置きが長くなっちゃいましたが、不思議なウキはこれなんです。
 どうです?プラスチック素材の紡錘型ウキですよね。「色が黒いだけでこんなモノ、大したことないやろ!」なんて怒らないで、もう少しお付き合いくださいね。
c0057167_19183678.jpg

 このウキのサイズは、重さは約50g、長さが157mm、中心部分の直径が38mmと、水色の紡錘ウキ(135mm×35mm)よりも少し大きめでした。それだけなら色のバリエーションくらいで、済ませちゃうのですが、そうは問屋が卸しません。ウキを上の写真から長軸で90度回転させるとほら、写真のように二つのスリットが入ってるのです。
c0057167_1918591.jpg

 何じゃこりゃ?誰かの悪戯か?と表面を精査したのですが、普通のウキをカットしたものではなく、最初からこのように作られたもの。このスリットは150mmほどの長さがあり、両端に部分では6㎜分、中央では8.5mm分の隙間になっていました。これはウキではなく他のものかとも思ったのですが、よく見れば両端には、浮子綱へ結わえるための凹みが一周するように刻んであったので、やはりウキか、ウキと一緒に使うものではないかとの結論に至りました。
 発見時には、表面に藻類とサンザシゴカイ類、それにコケムシ類の石灰分が付着していたため、持ち帰って表面を掃除しましたが、文字などの陽刻は見られず、流出地や生産国の手がかりは全くありませんでした。
 ビーチコーミングを続けていると、こうした不思議なものに出会うことがあります。みなさまの中で、こんな不思議なウキ、どこかで見かけられた方みえましたら、ぜひお知らせください。

From Editor 2013年のゴールデン・ウィーク、本州ではわりあい良いお天気が続きましたが後半、北海道や北の方では荒れた模様です。中でも5月6日、帯広あたりではかなりの積雪があり、ツツジの花に雪が積もっていたのが印象的でした。
 さて、前の号で衝撃的な「えべっさん発見!」のレポートを下さった様似の田中さんですが、新しい職場である、アポイ岳ジオパーク・ビジターセンターのリニューアル・オープンも済み、一息つかれたようで浜歩きも再開された模様。早速、見せていただいた写真には、浮き玉があって一安心しました。
c0057167_19193459.jpg
聞けば、あの時から70日ほどは浜歩きをされなかった模様。(まぁ、ビジターセンターオープン前で忙しかったせいもあるのでしょうが)そして、えべっさん効果なのか、大漁でしたね~!!
[PR]
by uki-puka | 2013-05-11 00:04 | プカプカ通信 | Comments(0)
<< プカプカ通信123・ Jul-... プカプカ通信121 ・ Mar... >>